不動産投資について

不動産投資について

不動産投資の概要

不動産投資とは、どのような投資なのでしょうか。今回、不動産投資の種類、不動産投資をする方の特徴、不動産投資の運用の目的について考えてみました。不動産投資を始めようと考えている方にとって、不動産投資とは何かを知ってもらい、投資活動を始めていただけるように検討をしていただければ幸いです。

不動産投資は、区分マンションの所有が一般的です。物件数が多く、価格帯も多くの投資家にとって始めやすいからでしょう。投資先の区分マンションをいくつか所有して、どこかで空室期間が発生しても、他の所有先で補填するというように、複数の投資先をもって、空室のリスクを分散させることが大切です。この他にもアパートや賃貸マンションを一棟丸ごと投資する方も多いですが、運用額がかさむので、不動産投資に慣れた方が行うのが多いのが特徴です。

運用の目的では、多くの方が資産を増やすための資産運用のために行っています。他にも、相続対策のために賃貸物件を建築して賃貸運営をしたり、生命保険の代わりの運用をしたりする方も多いです。一定の給与所得があるサラリーマンがローンを組んで投資をすることも多く、副収入として不動産投資を行っています。また、一棟のマンションやアパートを多く所有して、賃貸収入を得てそれだけで生活するかと多くいます。いずれにしても、空室を作らず、所有物件のメンテナンスを定期的に行うことで、魅力的な不動産として維持していく事が、不動産投資を円滑に進める秘訣だといえるのではないでしょうか。

好みの種類

不動産投資には、大きく分けて6つの種類があるといわれています。それは、区分マンション投資、一棟での投資、戸建ての投資、不動産にかかる信託、民泊や駐車場、コンテナ事業への投資です。それぞれ、長所と短所がありますので、不動産投資を考える時に、目的と合致しているかをよく考えて、不動産投資活動を行うと良いでしょう。

これらの不動産投資の中では、区分マンションの投資が多くの方に好まれているようです。区分マンションは、購入価格があまり高額にならないものが多く、投資先となる部屋の数も多いです。そのような点から、目的に合った投資先を選択しやすいというメリットがあります。その反面で、入居者がすぐに見つからないと家賃収入を得ることができなく、収益が上がらない場合もあります。それを回避するために、家賃保証という管理会社との特約がありますので、一括管理を依頼する場合も多いのです。その他、戸建てや一棟アパートなどの物件を直接投資するものもあります。さらに、小額から投資可能である不動産投資の信託もあり、分配投資で投資ができるものもあります。色々な投資方法から、自分に合う方法を見つけて、効率の良い投資を行いたいものです。

運用の目的

不動産投資をする際の運用目的は人それぞれです。どのような目的を持ち、不動産投資を行っているのか、考えてみました。まずは、資産運用のために行う不動産投資でしょう。資産運用とは、不動産を活用して資産を増やすことを目的に行うものです。例えば、マンションの1室を購入して賃貸契約を交わして、家賃収入を得るというものです。この投資元となる購入金は、余剰の資産を購入費用にあてがう場合もありますし、ローンを組んで購入資金を融資してもらいながら、不動産投資活動を行う場合もあります。若い世代から、不動産投資を行っている人も多く、手軽に投資できるワンルームマンションなどを数室運営する方も多く存在しています。

次に、相続対策での不動産投資を行う方もいます。所有している土地に賃貸物件を建てて、不動産運用を行うことで、借家権割合や貸家建て付け地として、相続税の割合が現金で納めるよりは有利に働きます。資産を上手に増やしたい方におすすめの方法だといえます。また、生命保険の代わりに不動産投資を活用する方もいます。不動産取得などにより、金融機関でローンを組んだ場合に、生命保険に一緒に加入する場合がそれにあたります。ローン返済中に万が一のことがあった場合でも、生命保険の払い戻し金により、その後のローン返済を免除してもらえるというものです。このように、不動産投資の目的は色々なものがあるといえるのです。

不動産投資をする人

不動産投資は、どのような方が行っているのでしょうか。不動産投資の規模を基本に考えると、大きく分けて2つのタイプの投資者が存在すると考えられます。まず、家賃収入を主の収入源として、それだけで生活を成り立たせている人。もう一つは、サラリーマンなどの主となる職を持ちながら、ローンを組んで細々と不動産等を行っている人です。

では、不動産投資だけで生計を立てている方の特徴ですが、かなり多くの数の物件を持つ投資家や一棟物件を数棟所有する方など、不動産投資を小規模では終わらせていない場合が多いです。いわゆる、利回りの良い不動産投資家と呼べるのではないでしょうか。こういった投資家は、信頼できる不動産屋さんに物件の管理を任せて、常に空室が出ないような戦略を立てています。物件の管理や修繕などにも気を配っているので、大規模に展開しながらも管理の行き届いた不動産投資が可能となります。

一方、サラリーマンの不動産投資は、給料の一部からコツコツと投資活動を行っている方も少なくありません。毎月、物件を取得する際の投資金を返済しながら収益を得ている堅実的な点が特徴的です。この場合は、金額などの条件面が幅広く選択できるワンルームマンションの投資が多いです。このように、不動産投資を大規模にされている方から小規模に行う方まで、それぞれの方法で不動産活動を行っているのです。