不動産投資とは

不動産投資とは

不動産投資のやり方

不動産投資の初心者にとって、興味があるのに、なかなか投資行動を踏み出すことができないということがありませんか。初心者から不動産投資を始めるにはどうしたらよいでしょうか。今回は、不動産投資の始め方やその後の運用の仕方について、初心者の目線に合わせてご紹介します。この記事が、円滑な不動産投資活動に繋がれば幸いです。

不動産投資は、事前の下調べと正しい知識があれば、上手くいくものでしょう。そのためには、初心者であるときに、正しい情報を入手することが大切です。不動産事業各社では、不動産投資のセミナーを無料で開催しています。このセミナーに参加することにより、投資活動が一歩身近になることでしょう。まず、どのような物件を準備して運用するかを検討するために、情報収集が大切です。良い不動産会社に出会うことができれば、その後の物件運用が、かなり楽なものになります。というのは、不動産物件の運用は、その物件をどうやって運用するかが、かなり大きなポイントとなるからです。良く動いてくれる会社さんなら、空室を作らないように工夫に対して、かなり気を遣ってくれます。空室期間が長く続くと、物件の魅力が半減してしまうためです。退去者が多くいても、入居者が早く決まる背景には、このような不動産会社の努力によるところではないでしょうか。もし、不動産会社で物件管理をしてもらうのが厳しい場合には、オーナー自身の管理による自主管理をされることをおすすめします。以上の様に、不動産投資をする際には、サポートする不動産会社を厳選してみる必要がありそうです。

セミナーに参加

不動産投資は、まだ投資をしたことのない方にとっては敷居が高く、とても難しい投資方法ではないでしょうか。難しいと感じてしまうので、不動産投資とは疎遠に。しかし、不動産投資について、良く知ることができれば、意外と簡単に長く付き合いができる投資方法だといえます。そもそも、この投資は、不動産を所有して、希望する方に賃貸物件として貸し出します。その賃貸による収益をインカムゲインと呼んでいます。現在の不動産投資では、このインカムゲインを得ることがメジャーな方法となっていますが、不動産物件が高値で売買されていた時代には、キャピタルゲインという物件の売買による収益を不動産投資の主目的としていた頃もありました。

このような不動産投資の知識として、物件の探し方や維持の仕方、賃貸人の探し方などを含めたものなどを投資前のセミナーで聞くことができます。ほとんどの場合には、無料のセミナーであることが多いので、興味がある場合には申し込みをしてみてはいかがでしょうか。また、このようなセミナーでは、不動産を取得するまでの手段や資金の調達の仕方なども相談できる場合が多いですので、併せて聞いてみると、不動産投資を早く始めるチャンスが訪れますね。

不動産会社

不動産投資を始める際には、信頼のおける不動産屋さんを探しておくことが大切です。手に入れた物件を適切に管理してくれることが大切であることは、言うまでもありません。その上で、投資後のローン支払いのシミュレーションを適切に提示してくれることや、空室にならないために工夫をしていること。さらには、物件のメンテナンスや修繕の計画を適切な内容で、提示してくれることが必要です。物件の購入前に、美味しい話だけして購入後のサポートは、手薄になっているという業者さんも現実には存在します。このようなことにならないために、ぜひ、購入前に取得する物件の管理のシミュレーションをしてもらうと良いですね。信頼のおける不動産屋さんかどうかの判断がつくことでしょう。

取得した不動産をオーナー自らがアピールに行くことも多いです。魅力的な画像を用意して、提携した不動産屋さんに持参することにより、ホームページなどにあげた情報が更新されて、目新しい印象の物件として、部屋を探している方の目に留まりやすくなります。部屋を探している方の目に留まることは、とても重要です。空室が埋まる最大のチャンスだといえるからです。このように、投資する不動産物件の扱い方をお付き合いする不動産業者選定の時から考えておくことによって、不動産の運用時に成功する運用例になるのではないでしょうか。

運用方法

不動産運用をする際には、その物件の管理方法を決めましょう。大きく分けて、3種類の管理方法があります。オーナー自身で管理を行う方法、不動産会社さんに管理を委託する方法、そしてサブリースする方法の3つがあります。

その中で、多くの場合は、不動産屋さんに管理を委託するのが一般的です。賃貸人の募集や物件の管理をお任せすることで、雑多な業務はせずに済むようになります。賃貸経営を本業の傍らに行っている方も多いので、管理の委託料金を支払っても、自分で行った場合と比較した負担軽減には代えられません。良く行き届いた不動産会社では、クレームや事故時の対応や修繕などを細かく行ってくれますが、管理にかかる費用と収益のバランスなどの報告対応もしてもらえます。また、サブリースとは、物件を一定期間借り上げてくれるなどの方法を採るものです。空室期間に関係なく、収益を得ることが可能となる場合が大きいですが、それに伴って手数料も大きくなってしまうので、運用に不安のある物件に使用は限った方が良さそうです。したがって、慎重な判断が求められるのです。このように、不動産運用の方法としては、自己管理をするか、不動産会社さんに管理をしてもらうか、サブリースを利用するかの3つの方法から選択が可能です。どういった管理をしたいのかを考えて、運用方法を考えていきたいものですね。