色々な不動産投資

色々な不動産投資

不動産投資の種類

不動産投資をする際には、いったいどのような投資をすればよいのでしょうか。一口に不動産投資といっても、マンションのワンルームを投資するなどの小さな規模の不動産投資から、大きくマンション一棟分以上の投資を大きな規模の不動産投資まで、その実態は様々です。さらに、同じ土地の投資の中でも、駐車場やコンテナ事業、コインランドリー、倉庫など、少々変わったものへ投資をすることも人気があります。これらの投資には、向いているものとそうではないものがあるようです。今回は、マンション投資をするときに適した投資内容をそれぞれの立場で考えていきたいと思います。

では、初めに投資で収入のほとんどが、不動産投資の収益から出ている方に注目します。このような投資家は、投資先の物件から生活費を賄う必要があります。一棟ごとのマンションやアパートを複数管理運営している方も少なくありません。このような投資では、マンションの定期的な管理が必要です。投資者自らが管理しても問題はありませんが、必要以上に仕事量が多くなるため、管理会社に委託するのがおすすめです。このような規模で投資をすることができれば、投資している方の糧が安定して生活の基盤も不動産投資から取れるようになるでしょう。反対に、手軽に不動産投資をしたい方も存在します。会社員として日常の仕事をこなしながら、細々と投資をするタイプです。他にも、駐車場やコインランドリーへの投資がおすすめです。手軽に暫定的な投資を考えるときに良いかもしれません。

ワンルームマンション

アパートやマンションの投資については、まず、投資の規模を考える必要があります。例えば、中古ワンルームマンションを投資する場合です。こちらの特徴としては、中古のワンルームマンションは、新築に比べて、価格がとても安くなっていることが多いです。手軽な投資額で、不動産投資をしたい方におすすめです。とくに、給与所得を得ている会社員の方など、不動産投資はあくまでも片手間の副業で行いたい方に向いています。ただ、お手軽な価格になった中古マンションに投資をしても良いわけではなく、立地の良い場所に建つマンションや広めのワンルーム、設備が充実した建物など、付加価値がある中古マンションを選ぶのがポイントです。お手軽な投資で、大きなリターンが期待できるかもしれません。

また、新築のワンルームに関しては、新築の期間が過ぎると価格が落ちてくる場合があります。これは、新築マンションの間に、価格が必要以上に高く設定されていることがあるからです。これを新築特需と呼ぶ方もいますが、この特需部分は、良い立地、価値の下がりにくいマンションであるときには、築浅・築戸と移り変わっても価も下がりにくいといわれています。これを見極めることが、新築マンションの投資を成功させる秘訣なのだといえるではないでしょうか。

一棟の投資

不動産投資の規模を考えた時に、大きなリターンを期待する方や不動産投資での収益をメインの収入と考えたい投資家の方などは、一棟単位のマンションやアパート投資がおすすめです。大きな投資となりますので、パートナーとなる不動産屋さんの選別に力を入れる必要があります。不動産屋さんの力量により、その物件の価値がとても上がる場合もあります。物件のPR力や管理する能力、修繕対応へのサポート対応など、多くの場合に担当する不動産管理会社の力が必要になるからです。

一棟単位での不動産投資は、特に不動産会社の選別が大切です。一棟単位では、20~30単位の部屋数を有するマンションやアパートが多く、一部屋当たりの賃料が、数万円。部屋数で数えると数十万~数百万円の単位の金額が一か月に流動することになりますので、不動産会社の的確な運営力は、特に必要な物となってくるでしょう。しかも、一棟丸ごとを所有していますので、建物のメンテナンス業務も大切な役割となります。棟内の清掃維持管理として、1ヶ月毎などに行われる定期清掃業務への対応や数年単位で実施される排水溝の高圧洗浄、水タンクの洗浄など。さらには、外壁修繕への対応など、しなければならない管理業務は多岐にわたります。適切な時期にこれらを行うことで、物件が長持ちするのだともいわれていますので、しっかりと管理して、魅力的な物件維持に努めていきたいものですね。

駐車場などへ

不動産投資は、アパートやマンション、戸建てのような居住をメインとした建物への投資ばかりではありません。身近な投資では、駐車場やコインランドリーへの投資や倉庫として利用することが目的のコンテナ事業への投資などの可能性も広がります。
とくに、駐車場の投資では、更地の上に造成される駐車場の使い勝手がとても良いため、手軽な不動産投資として注目されています。提携するコインパーキング会社を決定したうえで、更地の上に、駐車場のラインと専用の器具を設置することで、身近い準備期間で手軽に駐車場の経営を始めることができるのです。その後、駐車場からの業態変更も手軽に可能。例えば、ファミリーレストランやコンビニエンスストアのお店を建て、運営を始めることもおすすめです。こういった、投資目的の土地の活用に長けているので、条件さえ整えば、すぐに投資を始めることが可能となります。

また、最近増加傾向にある不動産投資に、コンテナ事業への投資活動も多くみられます。コンテナとは、自宅やオフィスにある不要な物品を保管しておくためのものです。近年断捨離ブームから、不要なものを手元に置かずにコンテナの中に収めたいという整理整頓を行いたい方々に人気です。投資する土地は、住宅建設に向いている土地というよりは、変形した土地や駅からは少し離れている土地など、何か気になるところがある土地の流用が多いです。このように、不動産投資する際には、適切な場所に適切なものを使って、投資活動を行っていきたいものですね。