【GAテクノロジーズ(Renosy ASSET)】の特徴/実績/評判/口コミ等

GAテクノロジーズ(Renosy ASSET)の不動産投資

AIを活用することで、不動産事業を展開している会社があります。RENOSY ASSETは、AI技術を使用した不動産投資事業を推進しています。これは、主にオンラインでの投資についての事業ですが、誰でも簡単に不動産の投資を小額で始められるのを魅力の一つとしています。今までは、不動産物件を一人で購入する投資がほとんどを占めていました。ローンと利回りの均衡を取りにくいこともあったかもしれません。この場合、投資額が大きいため、いったん損益が出てしまうと、投資家へのダメージは大変大きいものではなかったでしょうか。その点、RENOSY ASSETが推進する不動産投資の新しい形では、投資をしたい人が小額ずつ投資を行うもので、AIを通した新しいサービスです。

投資活動は、国土交通省にも認定されたクラウドファンディングを通して行われます。投資としては小額といえる1口1万円から始めることができます。このクラウドファンディングを始める場合には、申込制で登録が必要です。もしも、興味がある場合には、定期的に募集が行われていますので、RENOSY ASSETなどで情報を確認してみてはいかがでしょうか。また、オンラインでの不動産契約事業も進められています。不動産の賃貸契約を結ぶ際にも、対面方式ではなくペパーレレス化で、自宅などに居ながらにて行うことができます。自宅から遠く離れたところでの不動産物件探しや、忙しく不動産会社に出向くことが難しい場合に適しています。このように、RENOSY ASSETは、オンラインを駆使した不動産投資や不動産運営のサポートを行っています。今回は、このような取り組みを詳しく紹介します。

手軽な投資

RENOSY ASSETはマンション投資についてオンラインで行っています。堅実的な資産形成ができるために、人気がある最先端をいく不動産の投資です。AIの活用で、アルゴリズムを効率的に評価して、価値の高い不動産の提案をしてくれます。投資後のアプリと活用した不動産投資でのサポートを重視。誰もが簡単な不動産投資ができるようになるために力を入れているのです。小額から投資をスタートできるのも魅力です。

RENOSYは、国土交通省のクラウドファンディングのモデルケース第一号に認定されています。中古マンションに特化した投資内容で、小額の1口1万円からのスタートが可能。しかも、短期的で小額な投資内容で、手軽に投資が行えて、利回りもつくという新しい不動産投資のシステムです。不動産投資といえば、大きな額の資金が必要だったため、投資活動を始めるのを躊躇する方も多かったのでないでしょうか。しかし、RENOSYによる不動産投資でなら、1万円から始められますし、投資者は不動産会社よりも先に利益を得る仕組みも確立しています。人気の投資方法であるため、申し込む場合には抽選での対応になっています。興味のある場合は、会員登録と出資登録を済ませる必要があります。興味のある場合には、ぜひRENOSYのホームページなどで情報を確認してみてはいかがでしょうか。

人工知能で不動産契約

GAテクノロジーズは、イノベーションとテクノロジーで人々に感動を届けています。 テクノロジーをAI技術により提供する方法で、不動産の賃貸や売買を推奨しています。賃貸用の物件を探して契約する場合のAI技術では、物件を探す段階から入居までの段階をすべてオンラインで完結することができます。lotデバイスのスマートロックの導入で、より正確な物件情報を入手することができますし、スピーディーな入居までのサポートが実現できます。

このシステムは、GAテクノロジーズが提供している不動産会社向けの賃貸システムによるもので、CLOUD CHINTAIと呼ばれています。物件を探すときにはぶっかくん。物件の内見をするときには、内見予約君というシステムを利用。申込受付君、電子契約君というシステムを経て、不動産物件の賃貸契約を締結することができます。従来なら、気に入った物件が見つかったのなら、不動産屋さんへ出向いたり、建物付近で待ち合わせをしたりして、実際の部屋を見に行き、大家さんとの合意を経て、紙の契約書にサインをしたものです。このようなクラウドシステムを利用して、全ての課程をオンラインで完結できるので利便性に優れています。今後、ますます利用が促進されて、素早く不動産の契約ができることとなるでしょう。

WEBでの契約

テクノロジーの力でテレワーク需要をカバー。GAテクノロジーのグループ会社であるイタンジが主に運営する申込受付くんで、オンラインでの賃貸物件の契約を進めることができるようになりました。もともと、2020オリンピックでの人の流れを考慮して、テレワークへの準備が進められてきましたが、コロナウィルスの影響で、一気にテレワークが進んでいます。このような中で、不動産物件の契約も実際にお客様と担当者が会うことなく進められています。申込受付くんは、利用者数が増えており、2019年3月~2020年4月までの間に12万件もの電子による入居をされました。

この申込受付くんは、高い満足度があったと事後のアンケート結果より出ています。このシステムを利用した方の中であれば、紙での申込書よりもWEBだと利便性が高いといわれています。その理由としては、遠方での引っ越しの時に物件を探しやすいこと。忙しい時には、不動産会社へ直接行き、手続きをすることは難しいなどの理由が挙げられます。ただ、若い人にはなじみやすい手続き方法であるが、中高年の方にはかえって煩わしいのではないかとの見解もあります。世代間でのちがいもありますので、それぞれのちがいや顧客ごとの要望を聞いて対応を変えていく必要もあるようです。