【グローバル・リンク・マネジメント(GLM)】の特徴/実績/評判/口コミ等

グローバル・リンク・マネジメント(GLM)の不動産投資

グローバル・リンク・マネジメントは、不動産投資を中心に不動産の総合事業を展開する会社です。不動産投資に興味があれば、パソコンやスマートフォンから行われるオンラインでのセミナーを受講してみるのがおすすめです。不動産投資を行う上で、特に注目したいのは、空室率ではないでしょうか。不動産からの収益の基は、賃貸人が支払う家賃収入です。物件を借りてくれる人がいなければ、家賃収入がゼロになってしまうので、利回りも出ないのが現状です。そこで、入居率はなるべく上げなくてはなりません。グロ-バル・リンク・マネジメントでは、入居率の部分に着目しています。98.5%という高い入居率を堅守できているのには、秘密があります。それは、通常は2年に一度改定する家賃の見直しです。この更新時期は、賃貸人の良い区切りとなり、引っ越しへの誘導をしている形となります。

そこで、グロ-バル・リンク・マネジメントでは、この家賃改定を7年に一度にすることで、なるべく退去を出さずに、継続して入居してもらうことで、高い入居率を誇っているのです。このように、不動産投資によるおすすめできる環境が揃うグロ-バル・リンク・マネジメントでは、月収30万円の方ができる投資についてサポートしています。小額でも不動産投資ができる秘訣は一体どんなものでしょうか。この記事では、グロ-バル・リンク・マネジメントの事業の秘訣について紹介します。不動産投資に興味がある方に、グロ-バル・リンク・マネジメントの魅力が伝われば幸いです。

不動産セミナー

不動産投資をしたいと考え始めたら、グロ-バル・リンク・マネジメントがおすすめです。パソコンやスマートフォンからのオンラインでのセミナーの受講がおすすめです。賃貸物件における家賃の更新は、ほとんどの場合2年に1度行われてます。このことに注目したグローバル・リンク・マネジメントでは、日本における不動産業界では初となる7年に一度の見直しにしています。これにより、賃貸物件の運営が安定して、98.5%という高い入居率を誇っているのです。初心者でも分かりやすいようなセミナーの内容です。特に、月収30万円でもできる不動産投資方法に興味を持つ方が多く、小額からの不動産投資の広がりが注目されています。

そして、危険な不動産投資に関する情報や魅力的な物件の見つけ方などにも特化していますので、グローバル・リンク・マネジメントでは、安心して不動産投資を行えるようにサポートを務めています。そもそもグローバル・リンク・マネジメントは、不動産業界における総合的な事業が行われています。主に、不動産分譲、マンション経営、中古物件の販売、リノベーションなど、それぞれの不動産運営がされているのが特徴です。このように、普段から不動産業界に馴染みがあるばかりではなく、初心者の方々に手厚いフォローをしてくれるのが魅力です。

アルテモシリーズ

グローバル・リンク・マネジメントのオリジナルブランドのマンションは、アルテシモシリーズです。この名前の由来は、英語とイタリア語。ARTとISSIMOの造語です。日本語に言い換えると、芸術と最上級からなる言葉です。アルテシモシリーズは、都市部に建設された1Kなどの単身者世帯向けのマンションです。賃貸管理を入れると、GLMグループ会社での合計管理戸数は、2236戸となっています。グローバル・リンク・マネージメントグループ全体で管理するマンションは、入居率98.5%平均を維持しています。ここに、このマンションの魅力が隠されているのではないでしょうか。

特に魅力となるのは、利便性の良さです。都会の便の良い立地が魅力で、駅からも近く徒歩圏内での物件がほとんどです。毎日の通勤などでも大変さを感じにくい立地となっています。また、耐震性を考えたマンション設計や省スペースに努めた共有スペースの設置も魅力です。そもそもアルテモシリーズは、高いデザイン性と豊かさを作り出しているマンションシリーズです。オーナーからの満足度とともに、入居者からの満足度が高いことから、高い入居率を維持しています。このように、都会の洗練された雰囲気に馴染みやすいマンションが、アルテモシリーズなのです。

グローバル都市研究

グローバル・リンク・マネジメントでは、都市研究を盛んに行っています。東京を分析することにより、その年の魅力を周知することを使命としています。不動産を中心にサービスを検討して目新しいもの発信するためにグローバル都市不動産研究所を設立しました。2019年1月1日から始動しています。この研究所では、都市の未来を予測することや住人の動きや消費行動の分析を予測することなどを行っています。その先の未来での上手な不動産活用方法の模索が主な使命となっております。そして、東京の不動産の価値を予測しています。これは、AIである人工知能を使いながら調査を行っていくものです。

今までのレポートによれば、地方から上京する20代女性は、どのような事情があるのかについてレポートされた上で、該当の女性たちは、東京のどの区に定住していくのかなどをまとめています。これにより分かることは、実際にこの女性たちにアプローチするときにはどのエリアに単身女性向けの物件を用意すればよいのかということが分かります。このような予測や研究は、近い将来にグローバル・リンク・マネジメントでの不動産運用に活かされるのと同時に、不動産業界に対しての助言も行えるようになるでしょう。誕生したばかりのグローバル都市研究所の未来に期待をしたいところです。