【東急リバブル】の特徴/実績/評判/口コミ等

東急リバブルの不動産投資

東急リバブルは全国規模で不動産事業を行っている会社です。不動産の購入や賃貸物件を紹介・斡旋する他、不動産の売却や査定、投資、管理・賃貸経営など数多くの不動産事業をこなしてきた実績を持つ、経験とノウハウ豊富な不動産投資会社として知られています。全国各地で不動産事業を展開してきた実績から、日本中にネットワークと情報網を持っていることも、同社の強みの一つでしょう。オリジナルブランドの不動産物件を複数開発・企画したり、リノベーションマンションを企画したりなど、不動産物件を生み出す0の段階から携わってきた企業ですから、不動産や入居者ニーズに対する理解も深いものがあります。ただ「売れそう」だと感じる物件ではなく、実体験から確実に売れる・入居者ニーズを満たすと判断できる不動産物件を提供しているのが同社の信頼できるポイントです。

不動産投資について詳しくないという初心者でも手軽に不動産投資ができるよう、投資のメリットや計算方法についての簡単な解説が行われるほか、物件の価格や諸経費、ローンなどの必要情報を入力することにより、簡単に収益シミュレーションが行えるのも同社の特徴です。全国規模で展開する東急リバブルの賃貸仲介ネットワークにより、即時に全国から入居者を募集し、賃貸管理まで一貫してサポートします。マンション投資のサポートシステムとして、「もしも」のリスクを防ぐために空室賃料保証や住宅設備保証も万全。初心者がワンストップで最初から最後まで不動産投資を任せられる企業です。

豊富な賃貸管理プラン

不動産投資をサポートする事業サービスとして、東急リバブルでは複数プラン内容を充実させた賃貸管理サービスを展開しています。ただ不動産物件のメンテナンスや品質管理、入居者対応を行うのではなく、その管理内容の充実さをオーナーの自由に選べるよう、各種プランに分けて展開しているのが同社の特徴。例えばサポート内容を重視するプランであれば、賃料滞納保証や明渡保証といった保障が充実している「リロケーションプラン」、リスクを避けつつ住む予定のない空き家を貸し出したい場合には「マスターリースプラン」が存在します。

逆にサポート内容よりも管理コストを重視し、節約しながらコストパフォーマンスに特化した不動産投資を行いたいオーナー向けのプランも展開中。「シングルプラスプラン」では少ないコストで賃料管理まで任せることができ、「シンプルプラン」ではコストを最小限に抑えて、入居中の設備故障の連絡取り次ぎのみが行われます。サポート内容と管理コストのバランスを重視したプランとして「ベーシックプラン」も展開されるなど、かなり自由度の高い賃貸管理サービスが受けられます。その他空室保証を重視するプランもあるため、希望に添った物件投資が叶うでしょう。

CREが戦略サポート

不動産取引の契約件数9,800件という豊富な実績を持つ東急リバブルは、大手不動産流通ホールセール部門においてトップクラスの営業実績を誇る不動産企業です。居住用の物件はもちろんのこと、フォイスビルやレジデンス、ホテル・物流施設のオペレーショナルアセットまで様々な実績を持つ同社のCREが、その実績を支えてきた不動産戦略ノウハウを投資オーナーにも提供します。企業不動産(CRE)のプロとして、今後どのように行動することで所有している不動産が価値を上げるのか、不動産が価値を上げるためにはどのようなタイミングで行動を起こせば良いのかなど、緻密な戦略を練ってアドバイスします。

実際に東急リバブルソリューション事業本部では、企業戦略支援を専門としたチームが設立されており、専門家たちが経営戦略の方向性や財務上の課題など、あらゆるトラブルを解決へと導きながら、最適解と言える戦略で投資をサポート。不動産の売却タイミングなども徹底議論し、最も利益の大きい方法で物件を活用します。実際の不動産戦略サポートの結果として、遊休不動産約20件を同社が一括購入することで短期資金化を実現した他、2年間売却できなかった工場用地を幅広い営業手法により2か月で成約へ結びつけたというケースがあります。

充実の保証内容

不動産投資を初めて行うという初心者に対しても、充実したサポート体制で万全な不動産投資プランを提案・提供しているのが東急リバブルの特徴。初心者には収益に繋げやすくコストがかさみにくいマンションを投資用物件としてすすめていますが、ただ入居ニーズの高い物件をプッシュするだけでなく、初心者の抱えやすい不安に寄り添った保証サービスも一緒に展開されています。例えば入居者が集まらないことへの不安には「空室賃料保証」、設備に不具合が出て入居者からの苦情が出ることへの不安には「住宅設備保証」を展開することで、投資初心者の不安を解消に導いているのです。

空室賃料保証では、最長3ヶ月の空室期間が補償対象として含まれます。対象不動産が空室となった場合、最長3ヶ月の間は東急リバブルが一定の金額を支払うことで、オーナーの赤字を防ぎます。空き室時の賃料は80%を保証されるため、オーナーのリスクは大きく軽減されるでしょう。住宅設備保証では主要な住宅設備を対象として、1年の間は故障・不具合時に同社が修理費用を保証します。万が一の不具合が発生した場合には、コールセンターが窓口となってワンストップで対応。オーナーの抱えやすい不安を一つずつ解決してくれます。