【レ・コネクション】の特徴/実績/評判/口コミ等

レ・コネクションの不動産投資

不動産投資会社のレ・コネクションは、数ある土地・物件の中でも、特に京都をメインにした不動産投資に力を入れている企業です。京都は日本の中でも特に海外から高い評価を受けている地域であり、世界文化遺産としても登録されている場所です。高いブランド性を持つ地域を不動産投資のターゲットとして定めることにより、常に高い資産価値と安定した入居希望者を募ることができるため、不動産投資を行うオーナーにしっかりと収益を還元できるというわけです。レ・コネクションは京都の中でも「田の字地区」と呼ばれる、京都の大通りをメインにして高いブランド力を持った物件を投資対象としています。こうした土地の厳選や評価、物件の魅力の見定め方が、同社で投資を行うオーナーから評価を得る理由の一つでしょう。

京都に不動産投資用の物件を用意することによるメリットは、不変のニーズによる安定感の他に、コストの低さも挙げられます。京都は国内に住まう人だけではなく、海外からも人気があるためニーズに安定感がありますが、人の集まる東京都心部と比べると物件維持のコストは低めに抑えることができます。そのためローコストかつ高品質、加えて高い入居率が期待できるというわけです。また、同社では海外から観光地として注目されている京都の魅力もしっかり調査をしており、京都のどのような点が不動産投資のメリットに繋がるのかを知り尽くしているため、より効率的と言える投資プランが提案できるのです。

高い価値を持つ投資

レ・コネクションによる京都の不動産投資は、高い資産価値を持っている点が特徴的です。昔から変わらない国内外からの支持を持っている地域のため、今後も物件には高いニーズが集まり続けるでしょう。ただし資産価値の高さはこれだけではなく、他にも利回りの高さや競合物件が増えすぎない点も挙げられます。欧米人はアジア人と比べて日本の歴史的伝統美に敏感であり、かつ高い価値を見出すため、物件単価を高く保って高利回りが期待できるのです。また京都に存在する物件は現在減り続けているのが現状です。京都の文化や風習を色濃く残した建物は残しておくのも新しく建てるのも難しいため、新築物件も乱立することはありません。そのため不動産投資を行う際、入居者の奪い合いになるようなリスクは防げるのです。

他にも京都で不動産投資を行うのには、経年劣化による資産価値の減少を回避できるというメリットもあります。通常の建築物だと、経年劣化によってあちこちに色のくすみや機能性の低下などが生じるため、資産価値が減少してしまいます。しかし京都の京町屋は文化的な側面を強く持っているため、歳を重ねるごとにその味わいが増し、むしろ資産価値が高まる場合があるのです。

海外もターゲット層

京都をメインに不動産投資を提供する理由の一つとして、海外から集まっている注目も挙げられます。京都は観光地としても特に外国人旅行者から高い人気を誇る地域であり、中でも建物の趣やデザイン性は注目を多く集めます。現に「外国人に人気の日本の観光スポット」というランキングでは、半数以上が京都のスポットを締めています。観光地としても高い人気を誇る京都に物件を所有することにより、国内の入居者だけではなく外国人の入居者もターゲットとできるのです。実際に世界中で使用されているSNSを検索すると、日本の土地の中でも京都の街並みがシェアされていることは多くあります。

京都の物件で不動産投資をするにあたり、居住用の建物の他にも宿泊用の建物もレ・コネクションでは取り扱っています。日本旅行に訪れる外国人旅行客は、京都の文化を強く持つ街並みと建物に魅力を感じ、実際に利用することが多く見られます。ホテル業界における客室収益指数を全国であらわしたところ、京都は国内外主要都市の中で最も高い伸びを示したという結果があります。入居者だけではなく外国人旅行者にも注目すれば、京都に物件を持つことでさらに安定した不動産収益を得ることができるでしょう。

宿泊施設も企画・運営

レ・コネクションは宿泊施設の運営・企画を行っていることでも知られる企業です。前述の通り京都の優位性や建築物の魅力・メリット、そして外国人観光客から寄せられる京都への評価に着目して数多くのデータを有する同社は、そのデータに基づいて京都の魅力を最大限に活かした宿泊施設も運営しているのです。宿泊施設を通して京都の不動産価値を的確に把握し、企画・提案から施工・サポート、コーディネイトセッティングなど様々な業務をこなしてきた結果、不動産分野において幅広い経験と知識を持つに至りました。要望に合わせた物件のマネジメント業務までサポートする同社は、このノウハウを不動産投資の分野にも最大限に活かしています。

外国人旅行者はもちろん国内旅行者にも高い評価を得るレ・コネクションの宿泊施設は、物件の選定・近隣調査から始められています。近隣を直接じっくり観察することにより、可能な限りの高い資産価値を持った不動産を生み出しているのです。宿泊施設の投資オーナーになる場合は、専任スタッフや設計士とオーナーとでしっかり打ち合わせをしながら、理想に最も近い宿泊施設を設計して実際に運営していきます。エリア価格帯に応じた各部屋のコーディネートや、家具家電の設置、サービス内容などを自由にカスタマイズできるほか、各種経費の管理や清掃業務、宿泊中の集金代行なども対応。アパートやマンション経営だけではなく、宿泊施設経営の不動産投資も視野に入れている人におすすめです。