【アクティビア・プロパティーズ投資法人】の特徴/実績/評判/口コミ等

アクティビア・プロパティーズ投資法人の不動産投資

アクティビア・プロパティーズ投資法人は、日本国内でも最も活気があり人とオフィスの数がある東京都心部の物件を中心として、ポートフォリオを構築している不動産投資信託です。都市型商業施設や東京オフィスに対して重点的な投資を行いながら、中長期的な観点から安定した収益性を確保・維持し続けています。物件の選定においては、物件の設備や特性だけではなく、周辺環境を含めた立地の選定を特に重要視しています。オフィスや駅などの交通手段、そのほかの施設などが周囲に所在しているかを照らし合わせながら、物件の用途・規模・クオリティ及び入居テナントの個別要素を総合的に判断しています。一つ一つの要素に対して妥協を許さず、どの方面から見ても良い物件であると言える物件のみを選択し、稼働率の高いポートフォリオを構築しているのです。

ポートフォリオの構築方針としては、都市型商業施設と東京オフィス、アクティビア・アカウントの3種類に分けられています。都市型商業施設と東京オフィスの合計投資金額が70%以上、その他の割合をアクティビア・アカウントと呼ばれる他の用途で使われる物件が占めています。用途とカテゴリの異なる不動産物件に投資対象を分散させることにより、ニーズの偏りやリスクの集中を回避しているのが戦略です。都市型商業施設とは、主要都市のターミナル駅に隣接するエリアや繁華性が高いエリアに所在する商業施設のこと。オフィスやその他物件も東京都心部やその他人口の密集するエリアに所在するものが選定されており、土地によるメリットが収益に大きく影響しています。

都市型商業施設

アクティビア・アカウント投資法人が投資を行っている「都市型商業施設」とは、東京都を含め日本国内の三大都市圏に所在する、繁華性の高いエリアにある商業施設のことです。高い視認性と認知度を持っている都市型所業施設には、他の商業施設にはない優位性が認められています。まず大都市圏には人口が多いという特徴があるため、人口の流入と中心市街地による安定的な集客力の高さが期待できます。消費者ニーズは多様化するのが常であり、それに追いつくのは至難の業とも言えますが、都市型商業施設には対応力の高いテナントからの出店需要も豊富に集まります。施設供給量が相対的に少ないという特徴も踏まえれば、希少性による優位性も期待できるでしょう。

都市によっては世界的に有名なブランド力を持つエリアも存在し、購買や消費以外に人と人との交流や、情報発信・文化発信といった異なるニーズが寄せられていることもあります。こうしたニーズにも着目すれば、商業施設の範疇には収まらない、各方面から見て利便性の高い物件として競争力を高めることができるのです。トレンドに合わせたテナント選定や組み合わせを行うことによって、都市にあるポテンシャルを最大限に活かし、収益性を維持・向上しています。

東京オフィス

アクティビア・アカウント投資法人がポートフォリオに構築している二つ目の物件が、東京オフィスです。こちらは東京23区に立地しているオフィスビルの中でも、オフィス集積があるエリアの駅至近に位置しているオフィス物件のことを指しています。東京オフィスが持つ優位性としては、高い企業集積によって底堅いと言えるテナントの入居需要が見込めること、他の国内主要都市と比較しても相対的に低いと言える空き室率・安定した稼働率が得られること。加えて賃貸オフィスビルのストックの絶対量と流動性の高さが期待できることが挙げられます。この三つの優位性により、社会経済を活発化させる事業のサポートと、法人としての利益の向上どちらもを実現することに成功しているのです。

東京都には地方都市と比べても、より数多くの事業者が集中している傾向が見られます。中小規模の企業は特に多く集積していることから、テナントから寄せられるニーズも中長期的に安定して期待できます。東京は日本国内だけではなく、アジアエリア全体での拠点としても認識されていることから、多種多様なオフィステナントの需要が存在しており、テナントの代替性も高いため、ポートフォリオ全体の稼働率を安定させることに貢献しています。オフィスビルは景気変動に対する感応度も高いことから、収益の拡大性を秘めている物件と言えるでしょう。

東急不動産ホールディングスグループのサポート

アクティビア・アカウント投資法人は、東急不動産ホールディングスグループの包括的なサポートを受けています。東京不動産ホールディングスは、全国規模での大きなバリューチェーンを持っており、これを活用することによって利害関係者との取引をスムーズに進めています。投資主と東急不動産との利益の共同化手法などを通じて、投資主価値の最大化を目標にしたガバナンス体制の整備・充実を図っています。一部物件についてはスポンサーとの共有を実施することで、個別物件における東急不動産との利害関係を一致させた運営が可能になっています。有名なエリアやオフィスビル・テナントなどを生かした不動産投資が行えるため、収益性も確実性の高いものとなる仕組みです。

外部成長や内部成長におけるサポートも充実しており、東急不動産グループがこれまでに培ってきた不動産ノウハウや知識、情報ネットワークを生かした戦略によって、より良質な不動産物件をタイムリーに新規取得するほか、優良なテナントを誘致したり、テナント満足度の高いビル管理が実現されています。長年にわたってオフィスビルの開発や運営・管理を行ってきたメンバーを中心に構成された資産運用会社は、長期にわたって価値が保たれる不動産投資を実現させるでしょう。