【アドバンス・レジデンス投資法人】の特徴/実績/評判/口コミ等

アドバンス・レジデンス投資法人の不動産投資

不動産投資信託である「アドバンス・レジデンス投資法人」は、東京証券取引所不動産投資信託証券市場に上場を果たした、日本全国規模にエリアを広げている不動産投資法人です。投資する物件は賃貸住宅に特化しており、人がいつの時代にも必要としている賃貸住宅ならではのメリットを生かして、中長期的な観点から見て安定的な収益性を維持・確保し続けています。アドバンス・レジデンス投資法人は、旧アドバンス・レジデンス投資法人と日本レジデンシャル投資法人との間で合併契約を締結したルーツを持っています。両投資法人の投資主総会が開催された際には、投資主からの承認を得ることに成功し、新設合併方式により誕生したという歴史を持ちます。合併から間もなくして東証REIT市場に新規上場を果たして以降は、日本中の賃貸住宅への投資を通して、安定的な収益を確保しつつ、社会貢献に取り組んでいます。

同法人は幅広いエリアで事業を展開している伊藤忠グループとの密接な協働によって、滞りなく不動産物件の選定と新規取得、そして運営から管理に至るまでを遂行しています。伊藤忠グループの持つ膨大なノウハウと情報ネットワークを駆使した不動産投資により、強固な基盤が築き上げられているのが同法人の持つアドバンテージと言えるでしょう。基本戦略の充実と実現を通して、法令の遵守や省エネルギーといった透明性と社会貢献性を両立させ、社会・経済そのものにメリットを与える存在となりつつあります。

サポート企業との協働

アドバンス・レジデンス投資法人では不動産物件への投資や管理を行うため、大手総合商社である伊藤忠グループによるバックアップを受けています。伊藤忠グループは日本全国エリアを対象として、人々の暮らしを支えるためのサービス・商品を提供するというコンセプトのもと事業展開している企業です。繊維や金属、食料をはじめ、エネルギーや化学品、住生活とジャンルを問わない多岐にわたるビジネス展開により、各方面に対して強いノウハウと情報ネットワークを培っているのが特徴。そんな伊藤忠グループとの協働により、有利に不動産物件を取得・投資しているのがアドバンス・レジデンス投資法人です。

バックグラウンドの大きさを最大限に活用していることで、良質な物件の取得や供給、物件情報の提供並びに賃貸運営・管理サポートのノウハウを共有されています。伊藤忠グループに入ってきた物件情報が優先的に共有されることによって、時代のニーズにぴったりの物件をいち早く取得できるという点は、同法人の成長戦略にも多大なメリットを及ぼしている要素。熟練の知識と技術によって展開される物件管理と運営方針により、入居者からの満足度も一定を維持し続けているため、物件の持つ競争力は着実に向上しています。

投資住宅の決め方

アドバンス・レジデンス投資法人は日本国内に点在する賃貸住宅を中心として、不動産物件への投資と運営を行っています。賃貸住宅と言えば、家族で利用する人や単身世帯で利用する人など、入居者によって様々なニーズが示されています。年代別・職業別…属性ごとに分けていくと際限がなくある意味で取り扱いづらいともされる物件ですが、同法人では賃貸住宅の持つ特性を考慮しつつ、軸となる方針を決定したうえでポートフォリオを構築しています。例えば投資対象とするエリアは、東京23区をポートフォリオ内の70%以上、その他の地域を30%以下と定めることにより、地域分散とリスクの軽減へ繋げています。都心部は人口が多くニーズも高まっているため、効果的と言える判断でしょう。

また住戸タイプにおいてもそれぞれで異なる方針を設けており、一人世帯が利用するシングルタイプは50%以下の比率を、複数人で住まうのに向いたコンパクトタイプやファミリータイプは20~40%、大人数で住まうラージタイプは10%以下といったように、収益性の安定化を目指した投資比率が定められています。物件の大きさや設備などの要素を一つずつチェックし分析することで、最も必要とされている層に、効果的なアプローチで物件を提供しています。

社会貢献への意識

不動産物件の投資と運用を行うと同時に、アドバンス・レジデンス投資法人は一つの法人として社会貢献に対する基本方針を制定しました。「サステナビリティに関する方針」を制定することにより、社会への貢献と実現、投資主価値の向上を目標として活動しています。環境・社会・ガバナンスにまつわる法令と遵守するとともにリスクを未然に防止するため、数多くの対策が講じているのがその印。適切な組織体制のもと、常に物件を通して誠実かつ着実な成長を遂げるため、マネジメント会社を通して積極的なコスト見直しや補修工事などが実施されています。

また省エネルギーやCO2排出削減といったエコロジー的アプローチも行われており、エネルギー効率の高さを重視した設備を導入したり、保有物件の運用にまつわるエネルギー量の削減を実施したりなど、地球環境への配慮も欠かしません。資源や廃棄物の削減にも注目して、リサイクルにまつわるテナントへの働きかけを推進するなど、精力的と言えるサステナビリティ方針を持っています。現在公式サイトや同法人による発表で得られる情報は膨大に存在し、わかりやすい情報開示を目標として透明性の高さが維持されている点も、同法人が社会的な信頼性を得ている特徴と言えるでしょう。