【イオンリート投資法人】の特徴/実績/評判/口コミ等

イオンリート投資法人の不動産投資

不動産投資信託の「イオンリート投資法人」は、「地域社会の生活インフラ資産」に投資することをコンセプトとして掲げる、不動産投資法人です。日本国内を中心に大規模なエリアに事業を展開しているイオングループが核となったこの不動産投資法人は、イオングループから物件情報を取得することによって資産規模を拡大させ、物件運用の安定性や資金調達力の向上を図っています。投資法人として欠かせない成長戦略の多くを、イオングループという巨大なバックグラウンドによってより強固なものに築き上げているというわけです。このダイナミックな成長戦略によって投資物件のクオリティと資産規模を拡大・維持し続けている同法人は、分配金の増加も実現させ、最終的な投資主価値の向上へと結びつけているのです。

投資主にとって投資をするか否かを左右させる、信頼性や透明性といった多くの問題を、最初からクリアできている点も、イオンリート投資法人の特徴と言えるでしょう。イオングループの手掛ける企業や商品は多くの人の身近に存在するものであり、知名度や信頼性はすでに構築されています。生活の根幹をも支えるイオングループの事業は、高いニーズを維持し続けているものですから、投資先法人としても十分に頼りがいのあるものととらえられます。イオンリートとイオングループの間にはウィンウィンの関係性が築かれており、同グループの持つ総合力をスポンサーサポートとして持っていることで、戦略的なキャッシュ・マネジメントや適切なガバナンス体制も構築しています。

商業施設の魅力

イオンリート投資法人が構築するポートフォリオには、商業施設関連の物件が多く含まれています。小売りから地域社会を強く支えるイオングループだからこそ、保有している商業施設をイオンリートが投資することに繋がっているのです。商業施設への投資を通じて人々の豊かな生活の実現、地域社会への貢献といったコンセプトを実現させるとともに、中長期にわたる収益性の確保へと繋げています。イオンリートのポートフォリオの中で、イオングループの商業施設が占める割合は80%にわたります。その多くは大規模商業施設と分別されるものであり、非常に活気づいた商業施設としてのメリットを強い収益性へと生かしています。

ショッピングセンターやスーパーマーケットは人がいる限り需要の尽きない物件であるため、中長期の収益性・資産の競争力の確保を裏付ける要素です。またイオンリート投資法人の投資対象は国内不動産を85%以上、海外不動産を15%以下としているのも特徴。海外にも物件を保有しているため、地域の分散やリスクの分散を叶えられているのも心強い点と言えるでしょう。海外地域への投資にあたっては、中長期的な経済発展が見込めると判断された国・地域に展開する商業施設のみを厳選して投資を行っています。例えばマレーシアなど人口が増加傾向にあるエリアや、中長期的に経済発展が見込める国・地域などを選定する分析力も備えています。

豊かな成長性

投資を行う投資主としては、不動産投資法人の今後の成長性についてもしっかりチェックしておきたいところ。イオンリート投資法人はイオングループとの連動によって成長を目指しており、いわばイオンリートの成長性はイオングループの成長性と非常に近しいものになっています。世界中に展開するイオングループの運営力を活用した設備投資により、効率的な成長戦略が行われているのが特徴。イオンリート投資法人はイオングループの出店と連動しながら新規物件を取得できるようになっているため、資産をいつも成長させ続け、高い将来性が期待できます。

グループの力によるメリットは、各物件の置かれている状況を的確に把握しながら、開発計画などを総合的に把握し、優良物件を取得し続けられる点が挙げられます。イオングループは今もなお出店に積極的であり、さらには海外への出店も視野に入れて活動し続けています。継続的なバリューアップを図るため、店づくり・街づくりを軸にして考えたリニューアルを繰り返し、モノ消費からコト消費へ変化しつつ利用客のニーズと満足度に答え続けています。海外への出店はエリアを厳選しながら、今後の売上高の成長と賃金の上昇が期待される資産となっています。

投資自体の安定性

イオンリート投資法人は商業施設型リートの特徴を最大限に活かした不動産投資法人と言えるでしょう。不動産投資法人として商業施設を取り扱うことのメリットは、賃料やニーズが安定している点です。イオングループが展開する商業施設物件は、利用者のターゲットとして様々な年齢層・客層を視野に入れています。実際に多種多様な店舗を構えるイオングループの商業施設は、どんな人でも気軽に利用できるため、安定したニーズと収益性をもたらします。中長期的な収益の確保に適している投資対象と言えるでしょう。イオングループ各社とも長期を原則とした賃貸借契約を結んでいるため、基盤が強固に築かれています。

また、イオングループは魅力的な店づくりに関する膨大なノウハウと長い実績を持っています。利用者がどのような目的で商業施設を訪れるのか、どのようなテナントを誘致すべきかなど、繊細な分析力とマネジメント力によって質の高い集客を行っています。イオングループの細やかな運営サポートによる売り場づくりや販売戦略により、独自のブランド力を持つ商業施設へと成長しているのです。人財育成までサポートすることにより、ハイクオリティな大型ショッピングセンターを中心とする、稼働率と収益性の高いポートフォリオを構築しているのです。