【大和ハウスリート投資法人】の特徴/実績/評判/口コミ等

オリックス不動産投資法人の不動産投資

大和ハウスリート投資法人は、中長期にわたる収益確保を安定させることを目的とした、総合型の不動産投資信託です。中核となる不動産資産は、物流施設から居住施設、商業施設や宿泊を目的とするホテルなど。カテゴリや用途を問わない様々な不動産物件を投資のターゲットとして所有・資産していることから、様々な場面で不動産収益を得ています。複数の不動産物件を所有・運用している不動産投資法人の強みは、景気や流行、時代の流れに収益性を左右されにくいことです。例えば商業施設にニーズが傾きやすい時代と、居住施設にニーズが集まる時代とがありますが、そうしたニーズの傾きにも柔軟に対応することができるのです。一つの物件のニーズが下がったときにも、他に所有している物件で収益を多く確保できるため、リスクの分散と収益の安定性に信頼性が得られます。

また大和ハウスリート投資法人の特徴として特筆しておくべきなのは、大和ハウスグループとのコラボレーションを行っている点。日本全国エリアを対処として展開している大和ハウスグループとの強力な結びつきを持つことにより、大和ハウスグループのバリューチェーンを活用することで、不動産の所有や投資、資金源の確保といった不動産投資を行う上で必要な動きを取りやすくなっています。管理・運営コストの削減や、大和ハウスグループが開発を行う物件を取得できる機敏性などが手伝って、資産規模の拡大を目指しやすいのが同法人のメリットと言えるでしょう。

投資対象の地域・用途

大和ハウスグループのポートフォリオを占めているのは、物流施設・居住施設・商業施設・ホテルの計4カテゴリから構成される不動産物件です。これらの中核資産として運用されている物件には、時代に流されにくい根強いニーズが寄せられているため、収益性を確保しやすいのがメリット。また中核資産の他にも、オフィスビルやヘルスケア施設といった物件も取得し、投資・運用が行われています。中核資産は全体の80%以上、その他の資産は20%以下という割合で構成されており、リスクの分散と用途の分散による戦略が練られています。

投資物件の所在する地域は三大都市圏である首都圏・中部圏・近畿圏とされています。首都圏にのみ集中することはなく、日本全国規模を俯瞰的に分析し、より効率的と判断できる地域の物件を運用することで、地域災害などによるリスクの分散と収益性の確保が両立されています。物流施設の運用は将来的なテナントの入れ替えにも対応できるよう、建物の汎用性を確保しながら行われており、居住施設は単身生活者および夫婦のみの世帯を対象としています。それぞれにターゲットを定めることで、ブレのない着実な投資・運用が実現されいる点が、同法人の強みと言えるでしょう。

グループによる戦略

大和ハウスリート投資法人では、所有する不動産物件の価値を向上するための戦略として、大和ハウスグループの持つバリューチェーンを最大限に活用しています。不動産の企画や開発、テナント・リーシング、管理・運営にといった一連の流れを一から十まで展開している大和ハウスグループと協働することにより、成長力がより強化されているのです。大和ハウスリート投資法人がグループの開発した物件を取得することにより、投資主価値をさらに拡大させて売却し、それをまたグループが取得する…といった戦略的な流れを成立することで、グループとの協働と投資法人としての成長がどちらも実現されています。

また大和ハウスグループには強固なパイプラインが存在しており、各パイプライン・サポート会社との間で、優先的な売買交渉権を得ることができています。物流施設から居住施設、商業施設と多種多様な物件を多数取得できている理由もまた、大和ハウスグループによるパイプラインが合ってのことです。競争率が高い資産の物件でも優先的に取得し、それを投資運用できることにより、タイムリーに良質な物件を最適なタイミングで運用できているというわけです。バックグラウンドの大きさが高い信用性にも繋がっています。

安定性の財務戦略

財務戦略として大和ハウスリート投資法人では、有利子負債の長期固定化と返済期限の分散化を徹底して実施しています。借入期間を長期化させることにより、安定した財源を確保していつでも万全の状態で不動産投資が行えるよう体制を整えています。またLTV(総資産額のうちに占める有利子負債の割合水準は40~50%としており、安定性に注力しています。常に財務マネジメントをきめ細やかに行うことで、一つの法人としての信頼性と安定性を維持し、不動産投資を確実なものとしているのです。また借入の限度額や借入先について、原則無担保・無保証で調達する物として定めています。いつでもリスクの少ない方法で投資が行えるよう定めている点も、同法人の透明性と安定性を形作る一要素です。

また金利変動リスクなどをヘッジする目的として、金融デリバリティブ取引も行えるものとしています。キャッシュマネジメントについては、資金需要に対応するために妥当と考えられる程度の現預金を常時保有するものと決定。テナントから預かった敷金・保証金を活用することもできることとして、強固なレンダーフォーメーションを構築しています。常時出資総額や増減の状態をスポンサーや投資主に一般公開しており、高い透明性を維持しています。信頼できる法人に投資を行いたい、タイムリーな情報をチェックしておきたいと言う人におすすめの法人です。