【ジャパンエクセレント投資法人】の特徴/実績/評判/口コミ等

ジャパンエクセレント投資法人の不動産投資

ジャパンエクセレント投資法人は、2006年に東京証券取引所市場にて上場してから依頼、中長期的な観点から見た安定収益の確保を目指して取り組んでいる、不動産投資信託です。主に投資・運用をしているのは大都市圏・東京圏に所在しているオフィスビルと定めています。近年は起業する人がどんどん増えており、特に大都市圏においては中小規模の企業が数多く存在しています。オフィスビルはそんな企業たちの事務所として利用されるため、安定した高いニーズが期待できるといえるでしょう。収益の安定性と資産規模の拡大を目標として、バランス良く成長を図りながら不動産投資・運用を行っているのが同法人の特徴です。ただしオフィスビルだけに投資のターゲットを限定しているわけではなく、10%以下の割合を定めて商業施設や住宅物件など、オフィスビル以外の不動産物件にも投資が行われています。

こうした複数物件への投資により、リスクと収益性が分散されるのが同法人の強みと言える点です。具体的な投資条件として、物件の規模や面積、耐震性・収益性、テナント性など様々な要素を吟味しているのもジャパンエクセレント投資法人の持つ特徴。それぞれに投資をするか否かを決めるボーダーとなる条件を決め、丁寧に物件を分析し判断することにより、本当に良質といえる物件にのみ投資を行って、安定収益へとつなげているわけです。ただし築年数についてはエリアごとに異なる条件を設けて、改修工事などメンテナンスのタイミングが被らないように工夫がなされています。臨機応変といえる立ち回りで、収益性と成長性の維持・向上が実現されているのです。

スポンサー企業の活用

ジャパンエクセレント投資法人の不動産物件投資・運用をバックアップしているのは、不動産や金融に強い実績を持つスポンサー企業です。物件の供給や管理・リーシング能力に強みを持つスポンサーは、日鉄興和不動産や第一生命保険株式会社など。全国エリアを対象にして不動産の開発や管理を手掛けているスポンサー企業のノウハウや情報網を提供されることにより、同法人の不動産管理・運用がスムーズに運ばれています。継続的な資産規模の拡大を実現させるため、実際に物件を取得する機会が増やされたり、不動産物件としての安定性・物件競争力の向上が行われたりといった恩恵が、スポンサー企業によって得られています。

投資用不動産としてふさわしい物件情報をタイムリーに取得できる点は、不動産投資法人として大きなアドバンテージとなっています。他にもみずほ銀行によるバックアップにより、融資や人材、金融関連の心強いサポートが行われています。金融に強いノウハウを持つ人材が提供されることで、安定した不動産の運用と強固な財務基盤が築かれています。パイプラインサポート機能やウェアハウジング、不動産売買マーケットのリサーチなどで得られた情報が同法人の収益性を成長させ、安定した分配金として投資主に還元しています。

綿密なマネジメント

不動産の運営管理を行うにあたり、ジャパンエクセレント投資法人では綿密に綿密を重ねたマネジメントが行われています。営業期間ごとに運用資産の全体について振り返り、経済環境を見通しながらポートフォリオ規模・資産運用状況を踏まえた管理を行っています。プロパティ・マネジメントを行う会社の選定にあたっては、候補となる会社が持つ実績・経験・組織・体制・リーシング力・テナント満足度向上への取り組みといった細かな条件を設定し、吟味しています。入居中のテナントと良好な関係を築き上げ、テナントの目線で立ち回れることが不動産物件としての価値を向上させます。プロパティ・マネジメント会社の選定にはその点を重視しています。

またテナントの選定にも細かな基準を設けており、こちらもテナントの信用力や賃料負担能力などを細かく分析し、慎重な判断を下しています。同法人がポートフォリオの高い稼働率を維持している理由の一つともいえるでしょう。資産運用会社が定めるテナント選定基準に基づいた選定により、良質な物件に良質なテナントが入居し、そこから得られる収益によって資産規模が成長しています。こうしたマネジメントと慎重な判断が、投資主にとっても安心材料となる点です。

内部・外部成長戦略

不動産物件の投資を行う上で、不動産物件と資産規模の成長を図ることが最も大切です。安定した収益を確保するための成長戦略として、同法人では内部成長・外部成長それぞれで効率的な戦略が練られています。内部成長については賃料収入の安定的成長と、計画的な維持管理を目標として掲げています。中長期的な収益を確保するため、年間賃貸や管理計画を策定しながら機動性と戦略性に注視したリーシング活動を行います。計画的な不動産物件の価値の維持管理を目的として、建物保守・清掃・警備といった運営管理を検証しており、適切な品質と低廉な費用で実現できるよう精力的に見直しも実施。複数物件をまとめて一社に委託するなど、運営コストの削減にも力を入れられています。

不動産物件の外部成長を目的としてリスクの分散や収益の拡大も常に検討されており、スケールメリットの享受などの観点から、運用不動産の拡大に向けて取り組む方針も定められています。スポンサー企業から拠出された物件を軸として安定収益を確保しながら、同法人が持つ後半なネットワークを駆使し、投資のチャンスを広く求めて様々な物件を取得し、ポートフォリオを充実させています。専門性を活用しながらの運用不動産取得活動により、物件に入居するテナントの満足度も維持させられているのです。