【フロンティア不動産投資法人】の特徴/実績/評判/口コミ等

フロンティア不動産投資法人の不動産投資

不動産投資信託を行っている「フロンティア有働さん投資法人」は、中長期にわたる安定的な収益の確保を目的とした、商業施設に特化した不動産投資法人です。安定的な分配金の配当が基本方針としてかかげられ、投資する不動産物件の見極め方と運用に伴う収益性の得られる立ち回りが同法人の特徴。オフィスビルや住居物件など様々な不動産がある中、商業施設を選ぶメリットは消費者から支持を得られやすいという点に他なりません。テナントの営業努力と不動産物件の持つ特徴や魅力が組み合わされることによって、堅調な収益の推移に繋がるのです。同法人のポートフォリオには「地域一番店」というコンセプトが一貫して存在し、各地域の消費者に見合った不動産・テナント運用によって各地域から認められる存在となりました。

もちろん商業施設に投資を行うと言うことは、消費者ニーズや小売環境といった環境の流れに左右されることを意味します。商業ニーズは移り変わりが早いため、収益が増減しやすいというリスクにも繋がりますが、同法人では商業施設の運営実績を持つ三井不動産とSCマネジメント契約を締結している点から、収益の基盤を堅く築くことに成功しています。各地域によっては自然環境や流行りなどがそれぞれ異なりますから、消費者がどのようなニーズを持っているのか、テナントがどのような属性を持っているのかと言った点に注目して商業施設の安定性をサポートし続けているのです。

柔軟なテナント対応

中長期にわたる安定的な収益を確保・維持し続けていくためには、景気の動向や不動産物件の資産価値の増減についてよく目を配り、臨機応変に対応していくことが重要です。商業施設の運営管理を行うにあたり、フロンティア不動産投資法人では三井不動産をスポンサーとして、同社が持っている不動産運営にかかわる知見・ノウハウを最大限に活用しています。日々の運営管理業務として、資産の保全やテナントの対応といった基本的な業務をきめ細やかに対応することにより、「いかにして地域に師事される商業施設であり続けるのか」ということを追求しています。

多岐にわたる運営管理業務を通じてテナント・不動産物件である商業施設の状況をリアルタイムに把握し、最適なタイミングで様々なサポート対応を行っています。例えばリニューアル工事や大規模投資などもテナントと協働しながら実施することにより、本当に求められている対応を適切なタイミングで行える、「人から求められる」商業施設として認識されるようになりました。その他テナントの退去時におけるサポートも万全に行われ、かゆいところに手が届くと言えるような、テナント満足度の高い不動産物件としての運用が行われています。

物件選定のポイント

不動産投資法人であるからには、できるだけ長い期間にわたってより多くの収益が得られる物件を見極めることが大切です。中長期にわたる安定的な収益のため、資産運用会社である三井不動産フロンティアリートマネジメントと密接な連携を図りながら、情報収集に日々努めています。商業施設の評価ポイントとしては、立地条件や市場の状況、他にもテナントとの関係性、消費者から集まったニーズなども念頭に置かねばなりません。また、商業施設としての競争力をいつまでも強く維持し続けていくためには、商業施設を外的要因と内的要因の2つのポイントから見て総合的に判断する必要があるのです。

外的要因として商圏人口や商圏特徴、強豪の状況をチェックし、内的要因として物件のタイプ、建物の状況、テナントの状況などをチェックしています。より人口の多い土地で、消費者の好みや生活スタイルに寄り添った、かつ築年数や構造、設備に不安のない不動産物件と言えるものだけを選別して投資しているのです。こうした綿密に綿密をかけた厳選ポイントによりふるいにかけられ、残った優良物件にのみ投資を行うことで、より確実性と収益性が高いと言える不動産投資が実現されています。

経済成長と連動

信用性の高いテナントと長期固定賃貸借契約を行うフロンティア不動産投資法人は、経済成長や景気の動向にもしっかり目を配っています。外部成長に注目した収益基盤を築き上げることに加えて、環境の変化にも柔軟な対応を見せることで、何年たっても人々から受け入れられやすい商業施設を確立させているのです。経済成長に連動するため、テナントの入れ替えや賃料改定による収益増加が見込めるなど、経済の変化がメリットとして繋がる物件をより多く対象にしています。これにより、経済成長による変化が収益性のプラスに転じるわけです。

また、年数が経つと共に環境が変化し、資産も経年していきます。他にも競合施設の出現や新たなニーズの波などにも対応できるよう、戦略的なCAPEX投資や大規模リニューアルも定期的に実施されています。時代や流れに対応した行動によって、投資中の各物件が持つ施設競争力や資産価値が維持・向上され続けているのです。また、テナントの退去リスクや賃料低減リスクなどの不確実性が懸念される施設については、必要なタイミングで物件の入れ替えなどが行われ、さらなる安定性へと繋げられています。スポンサーの持つ商業施設にかかわるノウハウを結集した成長戦略は、時代の流れさえ味方に付ける可能性が秘められているのです。