【グローバル・ワン不動産投資法人】の特徴/実績/評判/口コミ等

グローバル・ワン不動産投資法人の不動産投資

グローバル・ワン不動産投資法人は、2003年の9月にJ-REITとして日本で8番目に東京証券取引所不動産投資信託証券市場に上場した法人です。積極的にテナント満足度の調査を実施していたり、GAR従業員について時差出勤制度を導入するなど、不動産投資法人としてだけではなく、一法人として高い評価とクオリティを誇る存在として知られています。投資主価値の向上を常に念頭に置きながら、中長期的な不動産投資と資産運用に取り組んでおり、高いクオリティを持つオフィスビルへの投資を中心として精力的に活動を続けています。オフィスビルは時代の流れや流行りに左右されにくいニーズを持っているため、比較的安定した不動産運用を行うことが可能。オフィスビルの持つあらゆる可能性と特徴を分析し、知り尽くした投資により、投資家に対して安定的な利益・分配金をもたらしています。

EGSへの取り組みも積極的に実施されており、今取り組むべき課題を選定することで、常にリスクを減らし高い実績へと繋げています。運営方針や資産特性を考慮した課題選定により、環境関連認証のポートフォリオカバー率を向上させたり、エネルギー消費量や温室効果ガスの管理を含めた気候変動への適応を考慮したりなど、細やかな点に注意した課題の選出と対応が特徴。テナントや入居者の満足度をこまめに調査・向上させるなど、不動産物件が社会的に受け入れられやすいように導くマネジメントスキルも認められます。利益相反防止への取り組み、コンプライアンス・リスク管理の徹底にも注力しています。

質の高い実績

グローバル・ワン不動産投資法人の実績として公開されているポートフォリオは、どれも質が高く不動産物件としての高い利便性が評価されています。この物件としてのクオリティもまた、不動産投資による利益を肥やす理由の一つでしょう。同法人が不動産投資の対象として注力している不動産物件は、「駅直結・徒歩5分内」や「築年数が浅い」「地震による予想最大損失率の低さ」など、良質な物件を象徴するような条件を持った物件ばかりが大半を占めています。良質な条件を持った物件は、不動産としての価値も高く、多くの人から求められるようになります。人から多く求められるということは、不動産としての価値を安定させるということにも繋がり、不動産投資の長期的な運用を保証します。

実査にグローバル・ワン不動産投資法人には2003年に上場して以降、長年に渡って不動産投資を運用してきた経験も持っています。上場して以降、着実に資産規模を増やし、物件数も少しずつ増え始めて、まさに成長の波に乗っている状況と言えるでしょう。分配金の類型学は第29期に上場時の発行価格を超過し、今後もさらなる投資法人としての成長が期待されます。不動産の価値を安定させる条件を的確に見定めた選定基準により、今後もクオリティの高い不動産物件を増やし続けていきます。

オフィスビルに注目

前述で挙げた通り、高いクオリティを証明するために、丁寧に選定された条件を持ったオフィスビルに積極的な投資を行っている、グローバル・ワン不動産投資法人。オフィスビルの条件として「近・新・大」の3つの条件を設けて、市場競争力の高い物件投資を実施しています。「近・新・大」は駅や便利な施設から近く、築年数が浅くて新しい、大きな規模の広々とした快適さを持つ物件と言う意味です。近年はオフィスビルへのニーズが高くなっているため、そのクオリティも二極化が進んでいます。そんな傾向の中で、「勝ち組」と言える条件を持ったビルに投資をすることにより、不況期であっても安定した収益を維持できるように考慮されているのです

不動産投資信託の中で、特化型の投資を行っている法人であれば、ニーズや情勢の煽りをくらって利益を大幅に減らしてしまうリスクもあります。しかし同法人では不況期においても下位クラスのビルからテナントを誘致できるように予防線が張られているため、リスクが少ないのが特徴。投資家にとって非常に安心できる特徴です。高い耐震性や空調機能、省エネ性能を誇る物件や、壮観なファサード・エントランス・共用施設を持ったハイグレード物件は、常に高いニーズを誇っています。

スポンサーのノウハウ

グローバル・ワン不動産投資法人を支えているスポンサーは、不動産投資や金融に精通した「明治安田生命」や金融・不動産仲介の実績を持つ「三菱UFJ銀行」、そして不動産開発・運営における高い知見を持つ「近鉄グループホールディングス株式会社」の大手3社です。それぞれのスポンサーによって金融や信託業務、不動産の投資・管理業務についてのノウハウを豊富に提供されていることから、高いマネジメントスキルや運用スキルを持っているのが、同法人の強みと言えるでしょう。金融系のスポンサーが控えている点により、財務基盤を安定的に築けているのが、投資家にとって安心できる一要素です。

資産運用会社であるグローバル・アライアンス・リアルティ株式会社は特定のスポンサーグループに属していない点から、利益相反の排除を実現しているのも特徴的。ノウハウや技術だけではなく、大規模なコミュニティを持つスポンサー企業により有益な物件情報や提供、幅広いネットワークによって業界やカテゴリを問わない繋がりを築き上げているのも特徴。テナントや物件の選定には非常に豊富な選択肢を持つこの不動産投資法人は、スポンサーによるノウハウも手伝って、時代の波に左右されない安定的な投資を実現させています。