【阪急阪神リート投資法人】の特徴/実績/評判/口コミ等

阪急阪神リート投資法人の不動産投資

不動産投資法人の「阪急阪神リート投資法人は、商業用施設や事務所用の施設、それから複合施設など様々な用途・カテゴリーの不動産物件を厳選して投資を行っています。いわゆる複合型の不動産投資法人というわけです。商業施設には活発な経済活動と利用者・テナント双方からの支持が得られるというメリットがあり、事務所用施設には事業者たちに事務所を提供することにより、経済活動の発展へと貢献することができます。複合施設にもそれぞれのメリットが含まれており、複合型の不動産投資信託を行うことにより、同法人は様々な魅力によって安定した不動産収益を得続けているのです。投資を行う対象とする不動産物件は関西圏を重点に置いてはいますが、日本全国区を対象として臨機応変に投資対象を増やしつつあります。

広範囲にわたる不動産投資を行うことにより、阪急阪神リート投資法人ではポートフォリオの稼働率99.8%という高い数値を維持し続けています。新たな保有物件も着実に増やし続けており、ポートフォリオの質は常に高いレベルを見せているのも特徴。安定的な収益に着目することはもちろんですが、世界規模で見た広い視点から景気の悪化などもかんがみて、テナントに対して賃料の一部免除を実施するなど、利益重視ではなくテナントのことも考えた対応力も持ち合わせています。人としての良識と親切さも兼ね備えた不動産投資法人として、投資主やスポンサー、テナントなど多くの立場から評判を受けています。

用途と地域の分散

阪急阪神リート投資法人の持つ強みの一つは、複合型の不動産投資・運用を行うことによるリスクの分散です。不動産投資は物件の用途やカテゴリーに偏りが生じることにより、その分野のニーズが下がった際に収益性が大きく下がってしまうというリスクが生じます。複合型の不動産投資を行うことによって、運用している不動産物件へのニーズも分散されるため、致命的なリスクが生じることは少なくなります。こうしたリスクの分散によって収益の安定性が保たれているため、投資主たちへ分配される配当も価格が大きく下がることはないのです。商業施設や事務所用のオフィス施設など、投資対象は複数種類あるため、どんなニーズにもタイムリーに対応して良いタイミングを逃す心配もありません。

また同法人では不動産物件の所在する地域にも注目しており、投資物件の地域が偏らないように戦略が練られています。首都圏や関西圏、全国の政令指定都市・主要都市を投資の対象エリアとして、日本の各地に所在する物件へ投資が行われています。これによりポートフォリオの地域分散も実現し、不動産物件が豪雨や地震などの自然災害に見舞われた際のリスクを分散しています。また地域によって不動産物件に寄せられるニーズは異なり、売上や流行りなど様々な特色を見せています。そうした地域ごとのメリットを得られるのも、地域分散の旨みと言えるでしょう。

テナントの連携と誘致

中長期的な安定収益の確保を目標として、阪急阪神リート投資法人ではポートフォリオの稼働率維持に加え、適切な管理・運用・テナント満足度の向上に取り組んでいます。常に不動産マーケットの動向に情報のアンテナをはりめぐらせて、マーケットレポートやテナント仲介会社から提供される情報をチェックしながら、賃料の相場や稼働率について戦略を練っています。競合物件の動向についても分析しながら、より収益性が高く効率的と言える不動産の運用を行っているのです。またテナントとの連携にも着目しながら、満足度の向上のためにきめ細やかな営業・管理を行います。

テナントへ直接満足度の調査を行うことにより、テナントのニーズや消費者動向を適切に反映して物件を管理。時には改修工事や販売促進活動の企画実施なども行い、テナントの繁盛に一役買っています。新規でテナントを誘致する場合には、いつでもテナント仲介会社と深い連携を図ることによって、テナントの情報を多く集めています。取得した不動産物件を中長期的に運用していくために、属性や用途の適したテナントを誘致することで、収益を確保することが可能になるからです。新規テナントの具体的な選定にかんしてもまた、運営方針との整合性や信用力、実績などを新調に考慮します。

外部・内部の成長戦略

不動産投資による収益をさらに安定的・効率的なものに導くため、資産規模の拡大や物件数の増大に向けて取り組んでいます。阪急阪神リート投資法人で行われている外部成長戦略として、資産運用会社を通じた独自のネットワークを構築しており、一般事業会社から龍地位事業会社、および不動産ファンド運用会社といった複数の機関とコミュニケーションを取りながら、良質な物件を取得しています。少数入札や相対取引などによる適正な価格による取得で、収益の向上にも貢献。開発型物件や敷地物件の取得にも取り組むことにより、取得手法の多様化を図っているのも同法人の特徴です。

内部成長戦略には「オペレーショナル・マネジメント」と呼ばれる物件の運営を実施しており、物件の運営を建物全体だけではなく、フロアや区画の利用形態といった細部にまで拡大した管理が徹底されています。テナントだけではなくエンドユーザーである消費者にも目線を合わせることによって、より区画の用途特製に応じた運営が行えるように手配されているのです。個別にテナントを管理したり、阪急阪神ホールディングスグループの持つ運営ノウハウを活用したりなど、不動産物件の価値を向上させるための戦略をいくつも持っています。