【ヘルスケア&メディカル投資法人】の特徴/実績/評判/口コミ等

ヘルスケア&メディカル投資法人の不動産投資

ヘルスケア&メディカル投資法人は、今後さらなる成長が期待される分野であるヘルスケア市場に、重点的な投資を行っている不動産投資信託です。ヘルスケア施設とは、有料老人ホームや医療関連施設、サービス付き高齢者向け住宅などのことを言います。介護や医療、福祉にかかわるこれらの不動産施設は、少子高齢化社会が進行している現代日本において、非常に高いニーズを持つジャンルです。今後の成長性やニーズの高まりを見越した上での投資ターゲットの選択と言えるでしょう。政策にも裏打ちされたヘルスケア施設の整備・拡充も手伝って、今後ヘルスケア市場はさらなる成長が見込まれます。中長期的な成長性と収益性が期待できることから、投資主・スポンサーからも信頼を寄せられる法人として認識されています。

またヘルスケア&メディカル投資法人は、各種スポンサー企業による強力なサポートを受け、安定的な不動産投資・運用を手掛けているのも注目したい点です。シップヘルスケアやNECキャピタル、SMBCが有する「介護・医療」「ファンド運営」「金融」といった高度な専門的知識・ノウハウを提供されていることにより、不動産投資をより有利に進めています。専門家から与えられる有益な各種情報は、同法人が所有する不動産施設をより安定的に運用し、ポートフォリオのクオリティと稼働率の高い水準を保つことに貢献しています。オペレーターとの強固な関係に基づいた適切なポートフォリオ管理のもと、今後もさらなる成長を見せてくれるでしょう。

ヘルスケア施設とは

ヘルスケア&メディカル投資法人が投資のメイン対象としている「ヘルスケア施設」というのは、今後予想されている日本の高齢社会が進展するために、整備・拡充が求められている施設のことを言います。例えば有料老人ホームやシニア向けのサービスが付いた住宅、医療関連施設、認知症高齢者グループホームなどが該当します。介護・医療業界と資本市場をつなぐパイプの役割を果たしているこれらの施設は、利用する人達にはもちろんのこと、職を探す人や日本社会そのものから絶大なニーズを得ることが期待できます。社会貢献を果たすと同時に、ニーズの高まりによって施設運用の収益性も大きく期待できるというわけです。

現に2014年6月には高齢者向け住宅などを対象とするヘルスケアリートの活用に係るガイドラインが、2015年6月には病院不動産を対象とするリートに係るガイドラインが公表されました。高齢化社会に向けて様々な準備・対策を行う政策の方針と、ヘルスケア&メディカル投資法人の投資法人は方向性が一致していると言えるでしょう。高齢者人口に対する高齢者向け住宅の割合は0.9%だった2014年から、2025年には4%にまで引き上げるという指標が掲げられており、ヘルスケア施設へのニーズは今後も低迷リスクが少なく、高まりを見せることが予想できます。

多彩な成長戦略

不動産投資法人としての成長を計画するため、多様なネットワークとウェアハウジング機能を活用した戦略が練られています。資産規模を拡大させるための外部成長戦略として、スポンサー企業やサポート会社のネットワークを生かした情報の収集と、資産運用会社独自が有するネットワークを利用して、ヘルスケア&メディカル投資法人の新規物件取得へと結びつけています。ブリッジSPCの活用やスポンサー企業のバランスシートを活用しながら、各方面へ信頼性をアピールするとともに、パイプラインの拡充に注力しています。良質な案件・情報が集まる仕組みを綿密に構築し、オペレーターやデベロッパー・ハウスメーカーなどと連携を取っています。

長期的な安定した運用を実現させるための内部成長戦略は、オペレーターの事業運営能力・安定性を重視した上で構築されています。オペレーターとの良好な関係構築・維持に常時注目し、定期的なコミュニケーションを通してモニタリングを実施し、効率的なポートフォリオの管理を徹底。運営状況やサービス内容を適宜見直しながら、マーケット環境を分析して最も適切と言える運用状況を作り出しています。長期的に安定したキャッシュフローの確保も相まって、ポートフォリオの規模・質ともに上昇傾向を見せています。

主要のスポンサー

ヘルスケア&メディカル投資法人のスポンサーとサポートを務めているのは、主に「金融」「介護・医療」「ファンド運営」の3ジャンルで大きな活躍を見せる大企業です。金融分野のサポートを務める三井住友銀行は、ファイナンスに関するアドバイスを主に行っており、金融目線ならではのノウハウと経験、実績から、不動産投資法人としての立ち回りについてサポートしています。ヘルスケア施設の流動化ニーズを有する顧客の紹介も請け負っており、ヘルスケア施設への投資においてなくてはならない存在と言えるでしょう。

介護・医療分野でサポートを行うSHIP HEALTHCAREはヘルスケア施設と関係性の深い医療や介護、福祉関連のノウハウに長けており、人材派遣などを通じて専門ノウハウを提供するほか、ヘルスケア施設の事業デュー・デリジェンスに関するアドバイスも行っています。ファンド運営サポートにはNECキャピタルソリューションが存在し、投資資産の調査や評価に関するアドバイス、ウェアハウジング機能の提供に一役買っています。これらの主要スポンサーの規模の大きさと実績の豊富さから、投資運用を支えるための堅実なベースが作り上げてられているのです。