【平和不動産リート投資法人】の特徴/実績/評判/口コミ等

平和不動産リート投資法人の不動産投資

平和不動産リート投資法人は、東京都区部をメインエリアとしてターゲットに置いたオフィス・レジデンス複合型の不動産投資信託を行っています。オフィスビルやレジデンスは時代やニーズの流れによって不動産収益が大きく動きにくく、安定した収益を得るのに適した不動産物件です。その2種類の不動産物件を、投資先として二つに分散することによって、利益とリスクの分散により安定した収益へと繋げているのが平和不動産リート投資法人の特徴。同法人を主に運用している「平和不動産株式会社」はもともと不動産関連の事業を幅広く手掛けており、不動産にまつわる知識と経験・ノウハウは長年に渡って培われています。その積み重ねられた技術によって不動産運用を行う同法人は、まさに不動産のプロフェッショナルとも呼べる働きを見せています。

平和不動産株式会社と同社によるアセットマネジメント事業の展開により、外部成長から内部成長、堅牢とも言える財務戦略のサポートがあらゆる側面からバックアップされています。平和不動産の保有する物件情報や開発物件、仲介物件などの膨大な情報ネットワークを利用して、価値が高いと言えるレベルのハイクオリティな不動産物件を取り扱うに至っています。いつでも新鮮な情報を適切に処理し続けることにより、不動産物件の稼働率も大幅にアップ。高い信用力とブランド力を際限なく発揮した結果、中長期的に安定した収益を得続けることに成功しているのです。

分散された実績

平和不動産リート投資法人の公開しているポートフォリオからは、同法人がメインターゲットとしているオフィス・レジデンスへの集中投資が伺えます。オフィスビルは厚みを持ったテナント層から豊富な需要を受け続けており、中小規模の事務所が相対的に多いことから、今現在そしてこれから先も、安定したニーズを得続けることが可能でしょう。東京都区部における事務所数やそこで働く従業員の多さからも、東京都心部におけるオフィスビルのニーズはさらに高まることが予測されます。こうした活気あふれるオフィスビルの確立により、将来を見据えた運用が展開されています。

またレジデンスについても、東京都における人口の増加傾向を見据えた上での立ち回りが行われています。他の主要府県と比較しても人口や世帯数が多いことから、不動産投資による収益は安定性が期待されます。オフィスやレジデンスに注目して投資・運用がなされていますが、ポートフォリオの構築は用途・棟数・テナントの分散がそれぞれで行われていることから、慎重なリスクの分散にも余念がありません。収益変動のリスクを極消化することにより、集中型不動産投資信託としての不安定性をことごとく排除しています。

スポンサーの心強さ

平和不動産リート投資法人の行う不動産投資や運用をバックアップするスポンサーは、平和不動産株式会社です。平和不動産は1947年の7月に設立されて以来、東京一部上場企業として大きな知名度と信頼度を得てきた大規模不動産会社として知られています。そんな平和不動産をスポンサーとして置く平和不動産リート投資法人には、不動産業界に精通した投資と運用、そして不動産物件の見極め方が特徴として見られています。実際に平和不動産の展開するアセットマネジメント事業によって運用されているこの法人は、一つひとつの不動産物件に対してその都度適切と言える運用方法で対応してきました。高い稼働率とテナントによる満足度を維持し続けていることで、安定性に富んだ不動産収益が得られているのです。

また物件情報のソースは平和不動産のバックアップによって大きく拡大しており、法人とスポンサー、そして投資家に至るまでのすべての関係者にとって安心に繋がるような良質物件のみが選択、投資されています。平和不動産による先行取得物件や仲介物件、保有・開発物件なども選択肢に入れられていることから、不動産投資における大きなアドバンテージを持っていると言えるでしょう。財務方針や資金調達などの支援・指導も手伝って、同法人は不動産におけるプロフェッショナル的対応力を見せているのです。

外部・内部成長戦略

不動産投資を成功させる上で、物件の外部成長・内部成長戦略は切っても切り離せません。安定した収益を得るための成長戦略として、平和不動産リート投資法人では幅広い物件情報ルートを基盤とした戦略が練られています。同法人のスポンサーである平和不動産には、数多くの情報と物件開発に携わってきたスキル・ノウハウが存在します。これらを活かすことによって不動産物件に対して求められていることは何なのか、今必要な立ち回りはどういったことかを的確に分析し、それを実行に移すこととして戦略が築き上げられているのです。

また内部成長戦略として、テナントの満足度向上やきめ細やかと評価できるレベルの運営管理を実現させるため、各種様々な運用計画を策定しています。賃貸マーケットの動向やテナント動向を把握するところから始まり、テナント属性の分析やリーシング会社の厳選とテナント斡旋依頼、そして常に賃貸条件を検討し続けながら、既入居テナントの動向把握に勤しんでいます。こうした戦略によって投資物件の素早いリースアップを実現しながら、テナント満足度を向上させて稼働率をアップさせ、着実な内部成長としているのです。中期的な安定収益の確保のため、長期固定借入の重視や返済期限の分散、平和不動産の信用力を活用といった財務戦略も加えられています。