【インヴィンシブル投資法人】の特徴/実績/評判/口コミ等

インヴィンシブル投資法人の不動産投資

不動産投資信託「インヴィシブル投資法人」は、ホテルや住居物件をコアアセットとして重点的に投資している不動産投資法人です。投資法人として実に着実と言える成長と運用を心がけているのが特徴的で、不動産対応証券に対してのみ投資することにより、不動産の運用と投資の安定性を維持・向上させています。また、物件の売買に関連する情報収集力を向上させるため、インヴィシブル投資法人の資産運用会社が持っている情報ルートの拡大にも努めています。現状に満足せず、常に利益と安定性の向上を目指してできる限りの成長に尽力しているのが、同法人の持つ強みです。同法人のスポンサーは、世界的に高い知名度を誇るソフトバンクグループの子会社。その大きな規模と情報ネットワークの広大さを利用して、良質な不動産物件を見つけてタイムリーなタイミングで投資を行っています。

海外不動産に対する投資も視野に入れて活動しているため、日本国内にとどまらない規模の大きな投資・運用を実現できているのが特徴的。海外不動産を行う際には、当該物件が所在している国・地域の情報を的確に入手することにより、政治動向や人口動態、経済成長などのマクロ的な観点から詳細に物件の持つアドバンテージを見極め、投資するか否かを判断しています。法務や税務といったリスクをはじめ、海外であることによる為替リスク・カントリーリスクなども総合的に勘案し、集めた情報を俯瞰的に見極めています。

ホテル・住居が中心

インヴィシブル投資法人が投資・運用を行っている不動産物件は、ホテルや住居物件がメインとなっています。コアアセットとして住居やホテルなどのニーズが安定しやすい物件を選択することにより、より安定した不動産収益を得られるように対策されているのです。50%以上を占めるホテルや住居への投資は、主として首都圏である東京都・感が沸けん・千葉県・埼玉県をメインに行われています。主要都市部は活気があり人も多いため、ホテルや住居物件による不動産収益を得やすいのがメリット。中長期的な不動産収益へと繋げられているため、投資を行うスポンサー・投資家からも信頼されやすい要素です。

また、ホテル物件は国内物件であれば訪日外国人旅行客の動向、物件の周辺エリアにおけるビジネス客・観光客の宿泊需要なども徹底的に分析されています。収益の成長性がより期待される物件を選び抜く力により、質の高いポートフォリオを公開するに至りました。海外におけるホテル物件にも投資が行われており、こちらはグローバルベースでマーケティング・販売能力を持つインターナショナルホテルオペレーターが運営を行っています。ハイクオリティでリスクの低い物件を厳選し、投資されています。

テナントや管理に注目

より収入を維持・向上させるため、同投資法人ではテナントの管理やクオリティ向上にも積極的に勤めています。ただやみくもに投資をすることはせず、投資物件が持っている立地条件やニーズ、物件ならではの特性をあらゆる角度から分析。そしてテナントが持っている属性に適した良質なサービスを提供することによって、テナントと物件の安定した関係性が充実され、テナントの満足度向上へと繋げられています。テナントの動向を把握するための行動は早期に行われ、タイムリーに賃貸市場の情報を見逃さないよう、いつでも情報のアンテナが張り巡らされています。

また運営・管理コストの低減にもしっかり目を配ることで、不動産投資による収益が着実に向上されるようプランニングされています。管理水準の検証が定期的に行われているため、維持費や管理費、各種業者への支払い経費について可能な限りの低減を行います。プロパティ・マネジメントを行う会社からの報告事項などを効率的に管理するシステムが構築されているため、管理や運営は大きく効率化。投資対象地域に精通した会社によるマネジメントが、不動産物件とテナントの結びつきを堅いものにし、国内外のホテルどちらからも収益が安定します。

地域・用途の分散

コアアセットとして重点的に投資をしている不動産物件はホテルおよび住居ですが、中長期的な安定収益を得るための対策として、サブアセットにオフィスビルや商業施設などの不動産物件にも投資が行われています。用途の違う不動産物件にそれぞれ分散して投資をおこなうことにより、時代やニーズの流れによる収益低下のリスクを回避することができます。オフィスビルや商業施設は活発なニーズの動きを見せるため、リスクの分散を行うと共に、収益の成長へと繋げる一助になっています。サブアセットの投資割合は50%未満であり、リスクを下げつつ収益の確保にふさわしい割合が見極められているのも同法人のポイントです。

また、投資物件の用途を分散するだけではなく、不動産物件の所在する地域を分散することにより、リスクの分散を図っているのもインヴィシブル投資法人の強みです。主としては首都圏である東京都や神奈川県に所在する物件に投資が行われていますが、特定地域における経済情勢や、震災・豪雨といった自然災害リスクを分散するために、日本全国エリアを対象にしてあらゆる地域の物件に投資が行われています。海外に所在するホテルなどにも投資が行われていることにより、万全の地域分散対策で収益とリスクがコントロールされています。