【ケネディクス・レジデンシャル・ネクスト投資法人】の特徴/実績/評判/口コミ等

ケネディクス・レジデンシャル・ネクスト投資法人の不動産投資

ケネディクス・レジデンシャル・ネクスト投資法人は、居住用施設やヘルスケア施設、宿泊施設など多種多様な不動産物件を取り扱っている不動産投資信託です。社会や経済構造について強い知見を持っている同法人は、マーケットや時勢など様々な社会的変化に注意を払い、把握した上で「人が暮らす・滞在する施設」をメインに不動産物件を取得し、運用しています。人の数がある限りいつの時代も一定数のニーズが生まれる居住用施設やヘルスケア施設には、中長期にわたって安定したニーズと収益性が期待できるでしょう。投資主が得られる利益を最大限に伸ばすことと、一法人として安定した基盤を築き上げる上で、このポートフォリオ構築基準が大きなメリットをもたらしています。

成長戦略として掲げているのは大まかに分けて三つの要素であり、「目利きを生かした着実な外部成長」と「効率的な収益マネジメント」、加えて「新しい取り組みへの挑戦」です。膨大な数が存在する不動産物件の中で、より確実性の高い良質な物件を見極める洞察力によって、新たに物件を取得し資産を増やしています。入居者の満足度につながる効率的な収益マネジメントによって収益性は維持・向上を図られ、今現在も資産を増やしながらポートフォリオの充実が実現されています。新しい取り組みを常に視野に入れながら、機動性と柔軟性を両立させた不動産投資運用を行うことが、ケネディクス・レジデンシャル・ネクスト投資法人の特徴。目まぐるしく変化するニーズや時代の流れに取り残されず、臨機応変な対応で入居者の満足度と物件の競争価値を高めています。

居住用施設の投資

ケネディクス・レジデンシャル・ネクスト投資法人が不動産投資を行うターゲット物件のうちの一つ、居住用施設についてご紹介します。ここでいう居住用施設とは、人が生活をする上で欠かせないマンションや戸建てなどの住居のこと。この中でも同法人は賃貸住宅への投資を中心に行っており、民営住宅の家賃収入によって物件投資の収益を上げています。昨今の日本にみられる社会環境変化としては、若年層による持ち家比率が低下していたり、住居保有にとらわれないライフスタイルの変化といった、印象的な変化が見られています。こうした移り変わりに注目した上での賃貸住宅への投資という選択は、結果として中長期的に安定した収益の確保へと繋げられました。

ポートフォリオに構築する賃貸住宅物件の選び方として、物件そのもののデザイン性や魅力、設備の充実さといった点はもちろんですが、ケネディクス・レジデンシャル・ネクスト投資法人では「土地の魅力」に注目しています。歴史的に由緒がある土地や、生活的な利便性、特殊マーケットの有無などの特徴を考慮すると、土地の魅力だけで物件の価値がアップします。こうした土地の選定による物件の新規取得も、同法人ならではの戦略と言えるでしょう。

ヘルスケア施設の投資

日本国内は他の海外諸国に比べると、突出して男女ともに平均寿命が高くなっています。近年では世界最高水準にまで達した日本の平均寿命は、少子高齢化社会に拍車をかける一因です。高齢化が進むにつれて、若年層が一人暮らしする家のニーズは少なくなり、逆に高齢者向けのサービス付き住宅や、ヘルスケア施設へのニーズが高まってきました。この点に注目した同法人は、高齢者向け施設を含むヘルスケア施設の物件を優先的に取得し、ポートフォリオを構築しています。ヘルスケア施設は今現在で高いニーズを誇っていますが、高齢化が進んでいくにつれて、将来的に更なるニーズの高まりが予想されます。収益性の安定性を確保するのにふさわしい戦略と言えるでしょう。

ヘルスケア施設の運用において、賃借人であるオペレーターとの間で賃料固定化の長期賃貸借契約を締結しています。介護サービスやホスピタリティサービスなど、ヘルスケア施設から得られる固定賃料には複数のサービス料が含まれているため、投資物件としては非常に優秀な要素を兼ね備えています。所有している物件のコストや収益性については、実際にサービスを行うオペレーターの収益構造に照らした戦略も練られています。

宿泊施設の投資

人が滞在する施設物件として、ケネディクス・レジデンシャル・ネクスト投資法人では宿泊施設への投資も積極的に行われています。観光立国実現に向けた政府の取り組みは以前から推進されていたため、宿泊施設の運用による収益性は今後も安定が見込まれるでしょう。また日本には独自の文化や遺産が複数あるため、国内だけではなく海外からの旅行客も数多く期待できます。観光産業という日本全体の核を支える宿泊施設には、多くのニーズが寄せられているため、物件の取得による賃料収益の増大が同法人の安定性を支えます。

実際に訪日外客数は数年でかなりの伸びを見せており、2018年には3,119万人であったのに対し、2020年には4,000万人の数が見込まれています。ホテルなどの宿泊施設が評価を得る要素は、サービスや事業形態など様々あります。その中でもケネディクス・レジデンシャル・ネクスト投資法人は宿泊需要の見込まれる立地の源泉と、賃料価格帯のバランスを見極めることにより、安定したニーズを勝ち取っています。キャッシュ・フローの安定性を重視しながら、信用力と運営能力の高いオペレーターと連携を取りながら宿泊施設への精力的な投資を実施し、時代に応じた柔軟で気の利いた管理体制を貫きます。