【日本アコモデーションファンド投資法人】の特徴/実績/評判/口コミ等

日本アコモデーションファンド投資法人の不動産投資

日本アコモデーションファンド投資法人は、東京証券取引所不動産投資信託市場に2006年に上場しました。人々のライフスタイルや流行、社会情勢などによって目まぐるしく変化を遂げるニーズを、しっかりキャッチして分析をしながらの不動産投資が同法人の特徴です。東京23区内に立地している居住物件の中でも、特に利便性と居住性の2点を兼ね備えた賃貸住宅をメインとして投資しており、一定量の安定したニーズにより、収益性を確保しています。「ホスピタリティ施設」と定義する寮や社宅、シニア住宅、宿泊施設といった物件を中心にポートフォリオを構築し、そこに入居する人・利用する人達の需要を満たす物件を運営しています。収益面での安定性が大きいとされる居住用不動産を、さらに戦略的な運用で資産としての価値を向上させているのが、同法人の強み。

日本アコモデーションファンド投資法人のスポンサーを務めるのは三井不動産グループであり、全国エリアを対象として展開する情報ネットワークの広さや豊富さ、これまで不動産にかかわってきた経験と実績により培われたノウハウを駆使して、より競争力の高い資産価値を維持し続けています。第三者から取得しているパークキューブシリーズをはじめ、三井不動産グループが開発している「パークアクシス」シリーズを優先的に取得している点により、ポートフォリオは今後も成長を期待できるでしょう。「賃貸住宅」と「ホスピタリティ施設」の2分野を満たすアコモデーション資産を中心に、今後も不動産投資信託による収益を高めていきます。

2つの戦略による投資

日本アコモデーションファンド投資法人では、資産運用を行う基本方針として「アコモデーション資産への投資」と「三井不動産グループの活用」という2つの戦略を掲げています。同法人が定義している「アコモデーション資産」とは、賃貸住宅としての機能とホスピタリティ施設としての機能、双方を満たすもののこと。学生寮や社宅、シニア世代への機能設備がついた賃貸住宅を積極的に投資することにより、賃貸住宅ならではの安定的なニーズに加えて、普通の賃貸住宅にはない利便性と機能性を果たすことが可能になります。ただの賃貸住宅にはない魅力が入居率の高さへと繋げられ、ポートフォリオの稼働率を高めているのです。

またスポンサー企業である三井不動産グループの活用も日本アコモデーションファンド投資法人の戦略の一つです。アコモデーション資産を企画・開発から管理・運営を行うまで、その一連の流れの中で三井不動産グループが培ってきた経験とノウハウが活用されています。賃貸住宅事業のバリューチェーンを最大限に活かすことにより、住居・宿泊空間における入居者や利用者の満足度を高めることが実現されました。これによりポートフォリオを占める不動産物件の価値が高まり、収益性の維持・向上が期待できるのです。

外部・内部の成長戦略

不動産投資信託の将来性や安定性を大きく左右するのが、成長戦略です。日本アコモデーションファンド投資法人では内部成長と外部成長を果たすため、三井不動産グループが所有している情報収集力や企画開発力、管理運営力などの総合的な力を可能な限り活用しています。三井不動産レジデンシャルが有する開発・保有物件の情報を提供したり、不動産の管理・運営に関連するアドバイサリーサポートを行うことにより、賃貸住宅や宿泊施設に集まるニーズへ答え続けています。賃貸住宅の新規供給動向を把握したり、中長期にわたる不動産賃貸市場動向についてアンテナを張ったりしながら、精力的に資産の成長へと繋げているのです。

また内部成長戦略として、運用資産のブランド戦略やテナントサービスを充実させるため、三井不動産グループのバリューチェーンや専門性を利用し、顧客満足度を維持し続けています。これが賃料や稼働率の維持・向上、運営のコスト削減へと繋げられているため、確実性の高い内部成長が実現されているのです。また三井不動産グループが手掛ける「パークアクシス」シリーズには、耐久性・安全性・快適性を追求した基本性能が保証されているほか、美しさと住みやすさに重点を置いた空間デザインが認められています。こうした魅力的な物件による運営も、同法人ならではの強みと言えるでしょう。

堅実な財務戦略

不動産投資を行うにあたり、最も重要なマネジメント事項として財務活動に力を入れ、必要コストの低減化と資金調達の着実性を高めるため、隙を極限までなくした財務戦略が築き上げられています。戦略的かつ保守的と言える財務運営を実現させるため、資産の取得や修繕、運営に必要な資金を確保できるよう、募集投資口の発行を機動的に行っています。資金調達の方針としては、資産総額に対して有利子負債が占める割合上限を60%に限定して運用を実施。資産状況の安全性を常に心がけ、実際にLTVの推移状況などを積極的に公開し、透明性と安定性の維持に努めています。

また資産の取得や借入金の返済といった資金需要にすぐに対応できるよう、適切な調達手法を検討して資金調達を行っています。将来的な金利の上昇リスクも視野に入れたうえで、有利子負債の調達には長期固定化を積極的に行い、一定額のコミットメントライン契約を締結することによって一時的な資金需要にも備えています。返済年限の分散も図り、財務面におけるピンチへの慎重な対策が強みと言えるでしょう。LTVのコントロール・資金調達・リスクへの備えといった3つの観点から築き上げた財務戦略によって、低コスト調達を実現しているのです。