【野村不動産マスターファンド投資法人】の特徴/実績/評判/口コミ等

野村不動産マスターファンド投資法人の不動産投資

野村不動産マスターファンド投資法人は、「大型」をコンセプトとして掲げた不動産投資信託です。ポートフォリオの規模は日本国内で最大級の規模を有する同法人の所有物件は、規模の大きさに反して極めて緻密に計算しつくされたマネジメント形態で運用されています。不動産物件の所在地域や用途・ジャンルを分散することによってリスクを低減させるほか、リスク許容度を向上させて余裕を持った不動産投資・運用が行えるよう、各種施策を精力的に推進し続けて、不動産投資法人としての安定性を維持し続けています。不動産投資のスケールが大型になればなるほど、メリットが大きくなる分リスクの心配も欠かせません。リスクへの対策を万全に凝らした上で、スケールの大きさをメリットとして活かすための物件運用を促進し、ポジティブな運用形態を保っているのです。

決してリスクから目を背けず、積極的にそれらの可能性を突き止めてからメリットを追求する野村不動産マスターファンド投資法人の在り方は、高い透明性と信頼性にも繋がる特徴。投資主からはもちろん、物件投資をサポートするスポンサー企業からも好印象を抱かれています。資産規模や時価総額の拡大による金融コストを削減させたり、資金調達手段の多様化を促進したりなど、財務の安定性にも多岐にわたる工夫が見られます。リーシング活動において、より多くの物件をテナントや仲介業者に示すことが可能になることが有利に働いています。

総合型の戦略方針

不動産の投資をするにあたって、法人ごとに様々な戦略と運用方法が存在します。その中でも野村不動産マスターファンド投資法人では「総合型戦略」と言って、ミドルリスク・ミドルリターンの商品特性を利用した戦略を練っています。不動産にはそれぞれセクターごとに、賃料の動向や契約期間、ニーズの増減など多岐にわたる特徴が存在します。こうしたセクターを組み合わせて運用することにより、ミドルリスク・ミドルリターンの商品特性を実現してそれを戦略として実際に活用することが可能になるのです。例えば景気感心度が高いセクターと低いセクターを組み合わせることによって、景気の上昇に伴った内部成長を取り込むことができます。こうした独自の戦略が、ポートフォリオの安定性と収益性を支えているというわけです。

実際に景気感心度の高いオフィスや商業施設と、感心度の低い物流施設、居住用施設などが組み合わされて運用されています。また、景気変動に左右されにくいとされるセクターは収益の安定化が見込めるため、収益の上昇が景気変動に伴って期待できるセクターとともに構成することにより、収益性と成長性の両立も図られています。総合型不動産戦略として、多様なセクターへの投資を検討するアグレッシブさが強みと言えるでしょう。

バリューチェーン活用

野村不動産マスターファンド投資法人の主なスポンサーとサポートを提供しているのは、野村不動産グループです。日本全国エリアを対象として事業の展開を繰り広げる野村不動産グループの賃貸バリューチェーンは、同法人の物件取得とマネジメントのパイプラインを強く支え、確立させています。法人とグループの相互成長を目的とする好循環サイクルを構築することにより、投資主価値の向上が目指されているのです。実際に各種様々な不動産物件について取り扱ってきた実績を持つ野村不動産グループからのパイプラインにより、タイムリーに優良な新規物件を取得することが可能になっています。物件の数が増えることによって収益性が安定するとともに、ネームバリュー・ブランド価値の向上にもつなげられているのがメリット。

またマネジメントに関するパイプラインとして、賃貸バリューチェーンに関する基本合意書を締結しています。賃貸不動産に関して所有している情報やノウハウを共有するとともに、ハード・ソフト両面におけるブランド価値向上や物件価値の向上のための施策を協働して検討・推進することが保証されています。ニーズや景気の動向だけにとらわれず、物件そのものが持っている本質的な価値を向上させることで、ポートフォリオの高い稼働率を記録し続けています。

ブランドコンセプト

野村不動産マスターファンド投資法人では不動産投資・運用を実施するにあたり、投資主からの信頼を得られるNo.1ブランドとして確立することを目標にしています。財務戦略や成長戦略のほかにも新たにブランド戦略を展開することで、「鹿(Deer)」のロゴマークを制定しました。鹿をブランドロゴとして起用した理由は、生え変わる角の力強さや進化の意思と、嗅覚・俊敏性といった環境変化に即した判断力と実行力、それから成長力を伴う跳躍力の3要素です。ロゴマークのデザインには実際に、遠くを見据える鹿の表情と、土をかきあげる力強い前足が見られます。貪欲にノウハウや情報を吸収し、それを成長へと繋げながら不動産物件の運用に取り組もうとする、同法人のコンセプトがわかりやすいブランドイメージです。

不動産投資法人としてのパフォーマンスを向上させようとする、力強い意志を示すブランドイメージになぞらえた同法人の取り組みは、現実として様々なメリットを同法人に提供しています。例えば成長性への精力的な取り組みにより、総合型の不動産投資法人として大規模なポートフォリオを所有していながら、所有する多くの不動産物件で高いクオリティと収益性を実現させています。いつでも先を見通す分析力によって、新規物件を取得し続けているのもまた、ブランドコンセプトの実現を示す実績です。