【サムティ・レジデンシャル投資法人】の特徴/実績/評判/口コミ等

サムティ・レジデンシャル投資法人の不動産投資

不動産投資信託「サムティ・レジデンシャル投資法人」は、日本全国エリアを対象にして都市のアコモデーションアセットをターゲットに投資を行う不動産投資法人です。人口減・高齢化という現代社会ならではの課題に着眼点を置いた同法人は、日本全国に点在している「地方都市」と呼べるエリアに注目し、その地域ごとに異なる実情や特性を活用した不動産物件の取得・運用に取り組んでいます。こうした主要地方都市を中心としたレジデンスの投資により、リスクや地域の分散を図ってポートフォリオの安定性を維持するとともに、それぞれのエリアで特有のニーズに応え、独自のブランド性によって中長期的な収益性へと繋げているのです。

首都圏に偏ることなく、日本全国のエリアを対象にポートフォリオを構築させるというのが、サムティ・レジデンシャル投資法人のコンセプトであり独創的な戦略です。それぞれで地域の実情や特性に応じたサービス・物件施設を提供することにより、地方自治体に対するサポートも実現させています。ポートフォリオの構築はレジデンスが80%以上としており、中でもシングル・コンパクトタイプの物件取得を重視して活動。スポンサーとの間に結ばれたスポンサーサポート契約に基づいて、新規物件の取得による資産規模の成長と、ブランド戦略の推進によって、不動産投資法人としての地位を確立させてきました。その成長戦略のおかげで、信頼性・収益性・安定性のすべてにおいて安全と言える振る舞いが期待できます。

レジデンス中心の構築

サムティ・レジデンシャル投資法人のポートフォリオ構築方針として、アコモデーションアセットの中でもレジデンスを中心とした投資が行われています。レジデンスの割合を80%、運営型施設であるホテルやヘルスケア施設の割合を20%以下として定め、それぞれにバランスを保ちながら新規物件の取得と運用を実施。居住空間を提供するこれらの物件は、時代や流行によってニーズを大幅に損なうリスクが少ないのが特徴的です。賃貸住宅やホテル施設、ヘルスケア施設をすべて含めてアコモデーションアセットとしているのが同法人の独自戦略と言えるでしょう。

レジデンスについては、戸当たりの専有面積が30平方メートル未満であるシングルタイプと、戸当たりの専有面積が39平方メートル以上60平方メートル未満であるコンパクトタイプを中心に取得に取り組んでいます。女性就業数の増加や高齢者人口の増加によって、単身世帯の増加傾向を踏まえた上で決められた方針です。主要地方都市を中心としたポートフォリオの構築もまた、リスクの分散と各ニーズの持つ収益性の分散を計画した結果。地方都市は70%程度、首都圏は30%程度とされており、それぞれ交通の利便性や主要施設へのアクセス面を考慮して、競争力の高い物件で構成されています。

効率的な成長戦略

不動産投資法人としての成長戦略として、スポンサーとの契約を重点に置いています。スポンサーサポート契約による支援が、新規物件の取得による外部成長を促しています。ただ新規物件をやみくもに取得するのではなく、スポンサーの広範な情報網とネットワークにより、本当の意味で良質と言える物件だけを取得しているのが同法人の特徴です。立地の条件や物件の持つ築年数や耐震性・広さや設備といった属性を考慮した上で、優良物件と言える施設を取得しています。マーケット動向を分析し、ニーズに見合った情報を優先的に提供してもらえる点が、同法人の成長戦略に貢献しているのです。

またスポンサーからのパイプラインによるメリットは、新規物件の取得以外にも稼働率の維持・向上も含まれます。プロパティ・マネジメント会社との幅広い取引実績を活用し、物件をより効率的に運用しています。利用者やテナントからの高い満足度を維持し、競争力と収益性を向上。必要に応じてコストの削減を図りながら、収益をより成長させ続けている点が、競合物件との大きな差をつける強みと言えるでしょう。不動産運用にまつわる有益なノウハウ・情報の提供は、不動産物件そのものが持っている競争価値をさらに引き上げ、人から求められやすい物件施設としているのです。

良質なスポンサー

サムティ・レジデンシャル投資法人の不動産投資活動を大きく支えているのは、サムティグループです。サムティグループは創業してから関西を基盤とした「資産保有型デベロッパー」として事業を展開し始め、ついには全国エリアに展開する「総合不動産企業グループ」へと大きな躍進を遂げた企業です。この成長の裏にあった不動産に関するノウハウ・経験・実績が優先的にサムティ・レジデンシャル投資法人の不動産投資に提供されることにより、安定した不動産運用が実現されています。現在サムティグループは自社ブランド「S-RESIDENCE」シリーズのマンションをはじめ、各種ハイクオリティな不動産事業を企画・開発しています。企画の段階から不動産知識を幅広く有することにより、細分化した数多くの着眼点から不動産物件の価値を高め、利用者に長く愛用されるポートフォリオへと導いています。

またサムティグループはマンションの企画だけにとどまらず、不動産の賃貸事業も手掛けています。マンション・オフィスビル・商業施設・ホテルといったジャンルも用途も異なる不動産を保有し、賃貸することによって、賃貸収入の増加を目的とした不動産へのアプローチを数々試みてきました。そのトライアンドエラーの数に裏打ちされた物件取得・運用実績は、サムティ・レジデンシャル投資法人の活動にも大きく活かされているでしょう。