【スターツプロシード投資法人】の特徴/実績/評判/口コミ等

スターツプロシード投資法人の不動産投資

不動産投資法人である「スターツプロシード投資法人」は、昨今の不動産マーケットにおいて最もニーズが安定していると判断できる「平均的な所得層」を対象にした賃貸住宅を、主な投資対象として不動産の投資・運用を行っています。不動産投資信託としての安定した収益や、中長期的な持続性を考慮した上で、同法人では各エリアによって住宅賃料の平均を見定めています。人口や職場の数など、エリアによって平均とされる賃貸住宅の平均は異なるため、エリアの特性と照らし合わせて全国の平均賃料から適正賃料を判断し、投資物件を決定しています。また日本の給与所得者の平均年収にも注目しており、同法人では最も需要が多い入居者層が、低負担で入居できるとされる中小規模の賃貸住宅を投資対象と決めました。

スターツプロシード投資法人における「住まい」の基本概念は、ライフスタイルやライフステージに裏付けされた居住空間とされています。投資する不動産物件のテナントとなる入居者たちの視点に立ったこの考え方により、本当に人から求められる不動産物件を運用することに成功しているのです。同法人は建設や不動産・管理事業などを手広く展開するスターツグループと深い協力関係を結ぶことにより、同グループが有する情報収集や分析力を活用した賃貸住宅市場の実態を分析し、入居者ニーズを割り出しています。多様なソーシングアプローチやプロパティマネジメント業務を通して、稼働率・収益性共に高い水準を保ちながら不動産投資運用が実現されているのです。

グループとの協力関係

スターツグループとの密接な協力関係を結ぶスターツプロシード投資法人は、スターツグループの持つ数多くのパイプラインを最大限に活用しながら資産の運用を実施しています。例えば物件情報の提供においては、スターツコーポレーションやスターツアメニティーなどが保有する物件情報のすべてについて、優先的な情報提供が行われています。有益な情報を新鮮なうちに受け取ることができるため、本当に良質な物件をいち早く取得し、運用に結び付けることが可能になっているのです。物件情報の提供が多いため投資物件の選択肢も広範なものになっており、様々な属性を持った物件を多様に展開することも可能になりました。

またウェアハウジングや開発ノウハウにおいても、スターツグループの恩恵を最大限に活用しています。開発物件については、稼働率が一定基準に達するまではスターツグループが取得予定資産を保有するため、不動産の取得から運用に至るまでに安定感が生まれます。同グループの培ったノウハウを活用することによって、優良な賃貸住宅の取得・運営が実現されるため、賃貸市場においても競争優位性が向上。競合物件に大きなアドバンテージを見せつけることとなりました。

投資対象の見極め方

スターツプロシード投資法人は実際に投資を行う物件の対象として、物件選びにも慎重な判断基準を設けています。賃貸住宅市場の動向を正確に踏まえながら、各用途・住戸タイプの持つ各種リスクを軽減させ、地域ごとに異なる賃貸需要や社会動向に留意しながら、用途別・地域別・住戸タイプ別に分けて投資物件を定めていきます。ポートフォリオ全体の大半を占める賃貸住宅は、単身向け・DINKS向け、ファミリー向けといったようにそれぞれ属性が分けられています。専門オペレーターに委託する学生向けのマンションや、法人による借上げを想定した社宅も含まれるなど、多様性に富んでいるのが特徴的。

手厚い運用・管理

スターツグループの企業であるスターツアメニティー株式会社に所有物件のプロパティマネジメントを一括委託することにより、クオリティの高い運用・運営が行われています。スターツアメニティーは地域密着型の営業体制を構築していることにより、物件が所在するエリアにぴったりの手厚いサポートが提供されています。建物の管理業務をはじめ、入居者の管理や賃料・駐車場管理、入居者のニーズに適宜合わせてリニューアル業務やリノベーション業務も実施することで、競合物件に大きく差をつけるほどの高い価値を持った賃貸住宅が維持されているのです。

地域密着型によるメリットは情報力にも発揮されており、入居者ニーズをリアルタイムに把握すると同時に、物件に必要な対応・対策を練ることに繋がります。スケールメリットを活かすことにより修繕費用の低減を図り、管理コストの削減と収益性の向上も実現。未然予防を徹底した滞納管理システムにより、賃料収入が低減するリスクも防がれています。また全国に600店舗を超えるネットワークを有する賃貸・売買仲介店舗が入居者の募集を担当しているため、空室リスクが少なく入居者満足度の高い物件を数多く保有している点も、同法人の持つ強みと言えるでしょう。