【スターアジア不動産投資法人】の特徴/実績/評判/口コミ等

スターアジア不動産投資法人の不動産投資

スターアジア不動産投資法人は、海外の大学基金や財団、年金基金など、長期的な運用を志向している投資家の資金を不動産関連資産によって運用する不動産投資信託を行っています。投資・運用を計画されているのは、日本をはじめとするアジアエリアの各地に点在している不動産物件です。不動産だけではなく、不動産関連の債権や不動産を保有している会社などの株式へ向けた投資も含めているのが特徴であり、ただの不動産投資法人にはとどまらない広範な活動が特徴的。様々な投資活動を通して培われてきた不動産と投資にまつわるノウハウは、多彩なアプローチ方法となって同法人の投資活動を支える根幹となっています。実に多面的と言える運用活動を通じて、機動力の高い投資により運用実績を着実に伸ばしつつある法人です。

スターアジア不動産投資法人とスポンサーサポート契約を結んでいるスターアジアグループは、不動産の投資運用にまつわる様々なノウハウと知識を有しています。独自に築き上げられた情報ネットワークから拾われた、マーケット情報や有力な物件情報、不動産と資産運用にまつわるノウハウを積極的に提供されることで、資産価値の向上とポートフォリオ規模の拡大、投資主価値の最大化に繋げています。現在は東京圏を中心としたアセットタイプの用途分散型ポートフォリオを構築することにより、「総合型不動産投資法人」として確立し、その知名度と活動範囲を広げ続けています。

成長戦略と施策

スターアジアグループの基本的なスタンスは、用途別にそれぞれ戦略を使い分けた総合型不動産投資法人としての在り方です。オフィスビル・商業施設・住宅・物流施設・ホテル施設…と多岐にわたる用途の不動産を所有し、ポートフォリオを構築している同法人は、その用途ごとに異なる運用スタンスを持っています。用途によってテナントの持つニーズや希望が異なることを視野に入れ、立地や設備、物件としての機能性を考慮した投資戦略は、総合型REITならではの強みと言えるでしょう。臨機応変に戦略を切り替えてそれぞれで最も効率的と言える管理体制を築くことで、成長性と収益性の向上にもつなげています。また用途の分散によってポートフォリオ全体で見たリスクの軽減につながっているのも、強みの一つです。

これらの成長戦略・投資戦略は、スターアジアグループの培ってきた豊富なノウハウと運用実績も一端を担っています。日本の不動産関連マーケットに特有の傾向や状況を隅々まで見定めた上で、海外の投資家から評価を得たスターアジアのグローバルな情報収集能力、マーケット分析力を最大限に活用しています。不動産運用における専門性を背景に獲得したパイプラインは、新規物件の情報収集と取得に向けたアプローチをサポートしています。

堅強な財務戦略

スターアジア不動産投資法人は、中長期的な収益性の維持・拡大を実現するために健全な財務基盤を構築することをコンセプトとして持っています。財務運営に関する基本的な方針としては、安定的であることと健全であることの2つの視点が重要視されています。新投資口の発行は運用資産の規模と投資主価値の成長を目的としたものであり、LTV水準、金融環境を総合的に勘案した上でのみ行われます。この活動は積極的に実施されており、リスクを考慮しながらも機動的な活動として同法人を支えるものになっています。資金の借り入れや投資法人債の発行は、資金調達の機動性と財務の安定性のバランスを配慮した上で計画されます。

保有しているポートフォリオについては、資金需要を常に俯瞰的な視点からモニタリングし続けており、的確でタイムリーな情報をいつでも把握し続けることにより、効率的かつ最適と言えるキャッシュ・マネジメントを行っています。不動産投資・運用の効率化につながると同時に、財務基盤をいつでも適切に保つための秘訣といえる戦略です。スターアジアグループが投資口を保有することで、スターアジア不動産投資法人の利益とグループの投資家利益を共通にすることを意図したり、当期純利益に連動する資産運用報酬の採用をとったりなど、法人グループとしての多様なアプローチが練られています。

資産運用会社について

スターアジア不動産投資法人の資産運用を担っているのは、不動産金融マーケットのプロフェッショナル的存在であるスターアジア投資顧問株式会社です。アメリカを中心として機関投資家をターゲットに、日本の不動産関連資産への投資機会を提供し続けてきたこの企業は、不動産と資産運用、金融にまつわる知識を豊富に有しています。積み重ねられてきた実績も豊富であり、独立系ファンドマネージャーであるスターアジアグループに属していることから、同グループに属するスターアジア不動産投資法人との深い連携を取り、息の合ったコンビネーションで投資活動を円滑に進めています。

スターアジアグループはもともと、海外の大学基金や財団、年金基金などの投資家の資金を日本不動産関連資産への投資として促し、運用してきた企業。取り扱ってきた日本の不動産資産に関する理解とノウハウはもちろんのこと、資産運用と金融の動き、マーケット動向の分析といったノウハウにも長けています。海外をターゲットとしてきたことにより、日本にはとどまらないグローバルな視点からのアプローチとアドバイスも強みの一つ。不動産投資運用にまつわる知見を最大限に活用して、「投資家利益第一主義」を徹底したマネジメントを貫きます。