【ユナイテッド・アーバン投資法人】の特徴/実績/評判/口コミ等

ユナイテッド・アーバン投資法人の不動産投資

ユナイテッド・アーバン投資法人は、総合型J-REITとして不動産の投資や運用を行っている不動産投資法人です。総合型の不動産投資信託には、時代や情勢の流れに不動産投資による利益を大きく左右されにくいというメリットがあります。例えばビジネス用オフィスビルや商業施設など、一つの種類だけの不動産物件に統一して投資をしていると、ニーズが下がったときに不動産の運用による利益ががくんと減ってしまいます。そこでユナイテッド・アーバン投資法人は、投資するターゲットとして不動産物件のカテゴリや用途・地域を限定しないことにしています。多種多様な不動産を対象にして種類の多さを重視することにより、不動産投資・運用による各種リスクが軽減されます。リスクを減らすことで投資運用に安定感が生まれ、中長期的にわたる収益を得続けることが可能です。

リスクの分散や安定感を重視した不動産投資信託としての在り方は、投資を行う投資家やスポンサーたちにとって信頼できる特徴です。この安定感がユナイテッド・アーバン投資法人を各種方面から「信頼できる法人」として支えている理由の一つ。不動産関連のスポンサー企業とも密接な結びつきを得ていることもあり、不動産投資法人として着実な実績を今も築き続けています。不動産投資において、用途や投資地域にとらわれず「本源的価値」に着目して、本当に人から求められやすい物件に投資を行うのが同法人の特徴。テナントリレーションや金融市場の変化への対応もしっかり視野に入れて、財務戦略を固めています。

スポンサーによる安定

ユナイテッド・アーバン投資法人のスポンサーとして同法人を支えているのは、不動産関連の事業に精通している丸紅グループです。丸紅グループは多岐にわたる事業展開で知られる大規模グループ企業であり、不動産会社の変更サービスや新築マンションの提供、マンション生活のサポートや情報提供と言った数多くの不動産関連事業を手掛けています。その他電気機器製品の販売や航空会社向けのグランドハンドリング事業、衣料・服飾事業なども展開していることから、様々な業種についての知見を有しています。この知識やノウハウ・技術が、複合型J-REITとして不動産投資を行うユナイテッド・アーバン投資法人を根幹から支えています。

また、丸紅グループをスポンサーに持つことにより、国内外にわたる広範囲のネットワークも提供されている点が同法人の強みです。本当に良質と言える不動産物件を見つけて取得するためには、広大な情報網が欠かせません。総合商社との密接な連携によって、リアルタイムで良い物件を良い状態で取得し、最もニーズに見合った形で運用していくことができているのです。戦略的な市場の分析とそれに応じた立ち回りによって、不動産投資の安定した利益へと繋げています。

ESGへの取り組み

ESGとは「環境・社会・ガバナンス」の頭文字をとった言葉です。ESGは不動産の投資や運用だけに限定せず、環境や社会といった、この社会そのものを取り巻く状況への取り組みを示すもの。長期的な不動産投資を行うにあたって、社会情勢や環境についての理解と把握力を高めておくことは、非常に有利に事を運ぶ要素になります。企業経営を安定化させると共に、時代やニーズの流れに合わせて臨機応変な対応を取るためには、こうしたESGへの取り組みの質が大きなアドバンテージとなるのです。ユナイテッド・アーバン投資法人のこなしている長期的なリスクマネジメントに通ずるESG取組として、外部専門家の助言などを絵ながらのエネルギー消費削減が図られています。

ESGの取り組み主体とするべく設立された「サステナブル委員会」は、目まぐるしく変化していく環境問題や情勢に対応し、持続可能な社会の実現へと貢献。社会の持続性を高めることに伴い、法人単位での長期的な安定性へと繋げています。エネルギーの消費・管理・再生をはじめ、従業員の働き甲斐や地域コミュニティ・行政への貢献、そして投資家・投資主への情報開示など、多岐にわたるESGへの取り組みが、同法人の信頼性を支える一つです。

リスク軽減意識の投資

ユナイテッド・アーバン投資法人は不動産の投資・運用を行うにあたり、中長期にわたって安定的な収益を確保することを目標として捉えています。そのための取り組みとして、リスクの軽減意識を徹底しているのが特徴的。複合型の不動産投資信託を行うことにより、どんな情勢にも左右されずにリスクと収益を一定に保つ仕掛けが施されているのです。また複合型ポートフォリオを目指すといっても、地域の分散がされていないわけではありません。東京都心部だけに限らず、日本全国エリアを規模にしてあらゆる地域の不動産物件に投資をすることにより、さらにリスクの分散が図られています。

周辺地域への影響やコミュニティとの関係も考慮しながらの投資運用になるため、地域を分散することによる利益の低下リスクは少なく、むしろ地域ごとに適した収益の得方が研究されています。地震や台風といった自然災害によるリスクの低減も視野に入れてこのような投資スタイルが確立されているため、保守的とも言える慎重な投資を考えている人におすすめです。投資に際しては、各用途がポートフォリオ全体に占める投資割合の上限を60%として設定しているため、安定収益の確保と運用資産の取得が両立されています。