【ザイマックス・リート投資法人】の特徴/実績/評判/口コミ等

ザイマックス・リート投資法人の不動産投資

ザイマックス・リート投資法人は、不動産マネジメントについてのノウハウを豊富に蓄積したザイマックスグループをスポンサーとしている不動産投資信託です。メインの投資ターゲットはオフィスビルや商業施設、ホテル物件。長期的に安定した賃料収入とニーズが期待できるこれらの不動産物件でポートフォリオを構築することにより、収益性の維持が期待できます。ザイマックスグループが長期間にわたって不動産有効活用を行ってきた実績により、物件の選定基準と見定め方について信頼できるのが同法人の特徴。オフィスは長期安定的な賃料収入を、商業施設は安定的な事業継続が可能な物件を、ホテルは訪日外国人やビジネス需要の見込めるエリアに所在する物件を重点的に選定して取得しています。

ザイマックスグループはこれまでに各種様々な不動産物件について取り扱いをしてきており、物件ごとのカテゴリーや属性に合わせて、ニーズの移り変わりを分析することを得意としています。時代や景気に左右されず、その変化に柔軟な対応をしながら物件の運用と管理を行うマネジメントスキルは、同法人のポートフォリオを安定させるために大きく貢献するでしょう。これまでの運用実績と合わせて顧客基盤や情報ネットワークも広範に構築しており、これに基づいた新規物件の取得も精力的に実施。投資主価値の継続的な向上に対する取り組みとして、ザイマックスグループの利益と投資主の利益を一致させる戦略がとられています。

各種投資の考え方

メインの投資ターゲットであるオフィス・商業施設・ホテルの3種類に対して、それぞれに異なる投資のコンセプトを掲げているのがザイマックス・リート投資法人の特徴です。オフィス投資については長期安定運用を見込めるオフィス物件を積極的に選定しており、オフィス需要が見込まれるエリアや立地、賃貸変動が相対的に小さいと想定される物件を精査して選んでいます。最寄駅から徒歩5分圏内という条件を満たした同法人のオフィス物件は、テナントから見ても魅力的な物件として映ることでしょう。

商業施設への投資については、豊富な商業施設のマネジメント実績に基づいて、近接駅乗降客数や商圏人口、商業同線分析を踏まえた上での売り上げ予測を行い、物件を厳選しています。もともと商業施設開発のプロジェクトマネジメントやリニューアルプロジェクトマネジメントに精通しているザイマックスグループですから、厳選の上で良質な物件を取得するのが得意です。ホテル投資についても同様に、アセットマネジメントの開発・運営実績に基づいた経験とノウハウに基づいて、主要国際空港を中心としたエリアで物件を取得。宿泊特化型のホテルや周辺施設へのアクセス性に着目しています。

外部成長戦略の内容

ザイマックス・リート投資法人は、スポンサーとしてバックアップしているザイマックスグループとのスポンサー・サポート契約のもと、ポートフォリオ拡大に向けた外部成長戦略に精力的に取り組んでいます。これまでに不動産投資・運用に携わってきた経験と、そこで培われた情報ネットワークを駆使し、不動産売却ニーズを的確に捕捉して新規物件の取得に取り組んでいます。オーナーリレーション・顧客基盤による情報収集は、各種様々なカテゴリーごとに不動産物件のニーズを分析し、物件の厳選と取得を実現。ポートフォリオの精力的な拡大が見られます。

ザイマックスグループはCRE戦略立案のコンサルティングをはじめ、それに基づいた実践サービスまでをワンストップで対応できるCREマネジメントサービスを提供しています。独自データとノウハウに基づいて、客観的で正確なCRE戦略分析・提案を可能としている点が、同社の強みと言える点。企業グループなどに属さない独立系企業であるため、これを中立性としてメリットとしているのも特徴です。パートナー企業の選定や入札についても、不動産マネジメント受託実績によって、ノウハウを活かした積極的な提案を実施し続けることで、外部戦略を充実させています。

内部成長戦略の内容

不動産投資のマネジメントについて数々の実績を有しているザイマックスグループからのサポートにより、内部成長戦略も充実を見せています。不動産マネジメントの受託数は豊富であるため、そこで得た知見・ノウハウはもちろんのこと、広範なデータベースや管理システムによって、有力な不動産情報についても豊富に蓄積しています。総合的に数多くの不動産物件に投資・運用しているザイマックス・リート投資法人にとって、属性やカテゴリを問わない運用経験は頼もしいものとなっています。効率的な運用を目標とし、マーケットリサーチの段階からテナント有利の戦略を立案させています。

周辺エリアについて調査をしたうえで競合物件の調査や、相場の把握、詳細調査に業者ヒアリングを重ね、テナントの誘致について勘案します。次に当該物件の分析も行い、立地・設備・規模・グレード・外観といった複数の項目に分けて物件そのものの競争価値を高めるための戦略を立てます。当該物件の現場商品力について分析を行い、丁寧な戦略のもとリーシング方針を決定。各種データを複合的に分析し、俯瞰的な視点からあらゆるリスク・リターンを考慮した上で、戦略を決定・実行に移します。当該物件の将来予測や資産価値の最大化に向けた同社の取り組みは、慎重に段階を踏んだ信頼性の高いものとなっています。