不動産投資会社で働く際に気を付けること

不動産投資会社で働く際に気を付けること

不動産投資会社とは

資産運用の中でもミドルリスクミドルリターンの特徴を持っているだけでなく、保有しているだけで利益をもたらすため副業としても最適だと言われている不動産投資。そのため、近年まれに見る投資ブームの中で不動産投資会社が注目されています。では、この不動産投資会社とはどのようなものなのでしょうか。

まず、不動産投資会社に限らず、不動産に関する企業はどれも扱う金額が大きいです。その種類も沢山ありますが、不動産に関する情報を仕入れておく必要があるのはどこの会社も変わりません。

景気に影響を受けることが多いだけでなく、最近では海外のマーケットが主流になりつつあります。企業によって休みは変わるため気をつけましょう。仕事内容は不動産の仲介や販売などが含まれています。働き方がワンマンにならないようにしましょう。

働くメリットは何と言ってもやりがいがあるということです。若いうちから出世が出来るというメリットもあります。数字主義の体育会系の職場が多いので、仕事に隙を見せないようにしましょう。資格取得に対して力を入れている職場も多いため、そのような制度を生かして積極的に資格を取得していきましょう。

基本的な情報

一般的な不動産業界の基本的な特徴というのは、扱う商品の売り上げが極めて高額であることが多いことが指摘されます。個人の一戸建て住宅はもちろんのこと、商店などの店舗、大型商業施設、オフィスなど、様々な土地、建物を手掛けます。そのため、その案件は必然的に大きなものとなることが多く、非常にやりがいと感じ、仕事が上手くこなせた時の達成感はひとしおと言えるでしょう。

不動産業界の会社には様々な種類があります。デベロッパーと呼ばれる不動産開発・販売事業会社は、オフィスビルや商業施設、マンション、それらを総合した施設に一戸建て住宅などを取得した土地に建設して、販売や賃貸などを行います。このような事業はとても大がかりであることが多いです。

この他にも不動産賃貸事業会社や不動産管理事業会社、不動産流通事業会社、不動産投資会社などがあります。この会社に共通して言えるのは、どの会社も不動産を利用して利益を得ているということです。そのため、どのような場合においても不動産に価値には敏感であることが求められます。そのため、不動産に関連した企業で働くというときにはどんなときにもアンテナを高く張っていなければいけません。

働き方について

不動産に関連する企業のほとんどの売り上げの好調ぶりは景気に影響を受けます。そのため、好景気の場合にはその影響を受けてオフィスの新築や移転などの仕事が舞い込んできるのです。また、インターネットショッピングの好調を受けて物流拠点を構えるという企業も増えています。さらに、大型スポーツイベントの開催によっても不動産関連の企業は潤います。そのため、求人も増える傾向にあるでしょう。

また、海外投資家が増えていることを背景に日本の不動産が売れているということも見逃せません。今や日本は買う国ではなく買われる国になったため、日本の不動産のメインターゲットは海外に移行しつつあると言えるでしょう。そのため、不動産に関連する企業で働きたいという人はある程度の語学力を身につけておくことで、非常に大きな戦力となることが期待されています。

企業の勤務体系については個人消費用の物件を扱う場合には平日休みになることが多く、土日やむしろ忙しいというパターンが多いです。逆に、法人対象の企業の場合には土日休みになることが多いです。そのため、どのようなプライベートを過ごしたいのかということを踏まえて企業の選択をする就活性も少なくありません。

仕事内容について

不動産業界で働く際には仕事内容に注目しましょう。一般的には不動産の仲介を行う仕事が多いです。こちらは一戸建て住宅、マンションやアパート、土地などを探しているユーザーに対して、ベストマッチングの商品を提供することが望まれています。また、賃貸や売買など多様なニーズがあるので、それを満たすための潤沢な品揃えが求められるのです。賃貸事業会社に就職すると借主を探す仕事を担当することになります。

また、住宅や土地の販売をするということも重要な仕事です。プロモーションなどで集まったユーザーに対して営業を行うため、その商品の魅力についての知識が必要となります。ユーザーに対して嘘をつくことは信頼関係にヒビが入るため、その商品とユーザーに対しての齟齬が生まれた際には誠実に対応することが求められる仕事内容でもあるのです。

また、デベロッパーに勤めて他場合には商品の企画をすることもあります。これはマンションや商業施設などといった大掛かりなプロジェクトとなるため、その企画開発には当然収益性も求められます。このような商品は近隣住民や住宅の街並みとの兼ね合いも織り交ぜながら検討する必要もあるため、独りよがりなプロジェクトは頓挫する可能性が高いため気を付けましょう。

働くメリット

不動産業界で働くメリットとしては、その仕事に対しての充実感が大きいということが挙げられます。扱う商品の大きさが非常に大きいため、どのような仕事に対しても手が抜けません。しかし、商品が完成した時や、商品が無事に売却できたときなどは、仕事に対する熱意がさらに高まること間違いありません。そのため、不動産業界で働く人は仕事が好きだという人もいますし、生きがいだと言い切れる人もいるほどです。

また、年齢に評価があまり関係無いということもメリットとして挙げられるポイントでしょう。不動産業界はどの業種よりも実力社会だと言われています。業界未経験の若者であっても仕事で結果を出していればどんなベテランよりも重要なポストに就けるということも珍しくありません。そのため、社内の風土も非常に風通しが良く、常に最新型のビジネスモデルにアップデートされている傾向にあります。

このように不動産業界は実力社会であり、仕事のやりがいも見つけやすいという特徴があります。若くして成功をしたい野心に溢れた人ならば必ずモチベーションにつながる職場だという人もいるほどです。ここからのし上がって独立を果たす人もいるため、社長になりたい人のステップアップとなることもあります。

見極めるポイントについて

不動産業界に飛び込もうとしている人が注目しておきたいポイントは体育会系のノリに付いていけるのかどうかということです。不動産業界は総合して縦社会であり、上司の言うことは絶対という空気が漂っていることがあります。数字が神であり、そこに背けるものは居ないという会社も少なくないため、もしも結果を出せなければ会社に居場所が無くなる可能性があることも念頭に置いておかなければいけません。

また、扱っている商品が非常に高額のため、ユーザーの要望も非常に高くなっています。自分では気付かないようなところでまさかのクレームが来ることも少なくありません。逆に、ユーザーでも気付けないような些細なトラブルを未然に防ぐことが重要なポイントとして挙げられます。注意深く物事を見る観察眼が必要となるのです。

また、資格は必須なので隙間時間を見つけて勉強しておきましょう。「宅地建物取引士」「管理業務主任者」「不動産鑑定士」などは絶対に持っておくべき資格です。このような資格は社内においても活躍するだけでなく、将来的な転職の際にも有利に進める事ができます。このような資格を取得するための支援対策を立てている企業もあるため、こうした人材教育に力を入れているところに就職するようにしましょう。